フリーフライト紙飛行機 「猿」+

山形からここに引越ししてきました。 時々、模型飛行機や戯言を飛ばしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大型SALの胴体が見えてきました

大型SALは胴体がネックです。
主翼をはじめ、そこいらは何とかなるめどが立っています(イレギュラーはあるとしても)
胴体の曲げ試験をして身の回りの強度を確認するとこからはじめ、どのくらい曲げ強度が必要なのか確認しました。

曲げ剛性が高い(曲がらずに折れる)のはカーボンパイプ・紙box・紙積層縦・カーボンロッド・紙積層の順
サンプル数が少ないけれども確実にいえることは、積層胴を胴体後半に縦向きに使うメリットがまったくない。
テーパーはとても合理的な設計でmさんが推奨する三角胴の選択理由が理解できる。(でも作れない。難しい)
胴体翼座の縦位置は当然としても、主翼エンドからは90度ひねって積層を使うのがSALではベストチョイス
よって三角胴(優先選択)もしくはBOXにすべき。中に積層の横向きを潜ませ強度を確保する。縦強度はboxでやんわり確保する。
投げる時に掛かる横方向のテンションを重要視して設計すべき
2.0カーボンロッド胴体の500スパン投げて耐えられるか・うまく投げれるかは別としても、スパイラル落下で折れないと思う
と言いながら、2.0カーボンロッドの曲げ強度同等で紙BOXを作ったとき、スパイラル落下に絶えられるかは別問題
実績から、box曲げ強度が2φカーボンロッド程度+αあれば少なくとも400スパンの紙飛行機のスパイラル落下には耐える。
疲労破壊はあるけど

予測:主翼エンドの細くなったところ(胴体の弱点)で胴体曲げ破壊強度を2φカーボンの1.5倍、なんとしても欲しい!

なんとすればいいんだべ?  作り方が見えない!

雪がゴソゴソ降ってきました。今朝も雪掃きです。考えただけで疲れます。
スポンサーサイト

考えすぎ

ハニカム主翼、まずは失敗。

もくろみ
1.主翼の裏側をコピー用紙に仮止めする
2.主翼のキャンバーに沿ってペーパーでRを出す
3.主翼表を接着する
4.裏側の仮止めしたコピー用紙をはがし、そぎ上げとかの細工をする。
5.裏側を接着し、ハイポイントまで前端を折り返して完成

想定外
1.仮止めしたハニカムはペーパーがしにくい
2.四隅が欠ける。0のすりつけが決まらない。
3.ペーパーの番手が合わずにはかどらない。嫌いなお粉が出る!

対策
1.あきらめる又は外注する
2.桁部分に限定して1cm幅程度のハニカムを強力接着剤で接着する
3.主翼裏にがっちり接着してしまい、もくろみ4.の裏面の細工はしない
4.主翼のキャンバー冶具を作って、主翼表に加工しないハニカムを接着。
5.裏だけ加工してテンションが残ったまま裏主翼を貼る(難しそう)

調子の悪いファンヒーターの分解整備しながらゆっくり考えます。

そういえば飛行機作っていない!

最後に作った紙飛行機が11月の末。ここん所サボリやってて飛行機作ってない!
バルサの修理とか、大型紙飛行機の手直しとかはしこしこやってたんだけれど。
ブログなんてやんちゃ始めたのもその理由かも。
よんごうまる(450スパン)仕込みました。
初体験のハニカム桁の主翼です。
とりあえず、載せ替えを考慮しながら胴体はヒノキまたはカーボンで良しとしましょう。
ついでにバルサ350の主翼も仕込みました。
ばらばら事件になった不作の自作機の主翼を付け替えます。

ハニカム曲げ試験

約1ヶ月にわたってやってきた5mmハニカムの曲げ試験がひと段落しました。
材料は日本飛行機製造のペーパーハニカム。主翼に使う前提での試験です。

iさんから材料の供給を受けテレフォンカードサイズにカットして試験しました。
目的は
①ハニカムを薄いバルサで挟むと軽量化のメリットがあるか、また強度はどうか
②大型紙飛行機の桁代わりに使えるか
結果
①は門外漢ですので専門家のコメントを待ちます。
②いける。です

PHOの180kgと205kgで比較しましたが両者でかなりの差が出ます。
もう1ランク厚い紙だとソフトバルサクラスの曲げ強度が期待できます。
PHO205シーラー処理(2回塗り)+フェノールハニカム+タイトボンド
この組み合わせが最適でした。

紙を瞬間ゼリーやエポキシで接着するのは重くなる上にオーバースペックです。
木工ボンドの1.2倍ほどの曲げ強度がなぜタイトボンドで出るのか、粘性か素材か
タイトボンドは表面張力で接着面に接着剤が集まるようです。
セメダインCはシーラー処理をした紙とは相性が良くない上、オープンタイムが取れません。
意外だったのはネバネバ系のコニシウルトラ多用途SUなど。
45mmスパンで8mm以上曲げに追従しますが、曲げ強度はさっぱりです。
カチコチ系はほとんど曲がらずにパキッです。
バルサはかなりしなってから曲げ破壊に至りますが、このちがいが実機でどうなるかは不明です。

カレンダーが届いた

お世話になっていた自動車工場の社長が今年もカレンダーを持ってきてくれました。
10数年前に子どものスポ小でお世話になった方で、その後自家用車でも面倒かけました。
携帯に「家どこだ〜?」の伝言。引越し先を連絡してませんでした。
夕方電話して久しぶりに社長の声を聞きました。
翌日、雪で交通渋滞のひどい中、改めてカレンダーを届けに来てくれました。

こだわりといってしまえばそれまでですが、たかが1本のカレンダー届けるのにずいぶん時間がかかったはずです。
金にならない客(年に数回店にお茶のみに行くだけの関係で客でもないか)なのに頭が下がります。
スポ小でお世話になった息子が社会人になります。スズキの軽自動車が欲しいそうです。
息子と、資金調達の方法を話し合った上で社長のお世話になろうかなと思っています。

クリスマス寒波

クリスマスの頃と1月15日の成人式で休日だったあたりに寒波がやってきます。
今年のクリスマス寒波は雨で始まりました。
シベリヤ寒気団も不況で調子が悪いのかな。と悪口言ってたのが聞こえたようで、
やっと雪になりました。スキー場も正月の稼ぎ時に向けて一安心です。

積雪があると、近くの広い駐車場でも飛行機が飛ばせます。
硬い雪に突っ込むと主翼の前縁がぼろぼろになってしまうので、テープを貼って養生します。

勉強になります

MさんがHPでSAL機を公開していました。
早速図面に起こし、PPsimでデータを拾いました。
さすがにいいバランスの機体です。

Mさんがこれまで作ってきた機体は、300スパン未満の薄翼主翼ですが、
おつりがくるほど強度に余裕のある紙を選択しています。
私のようにころころと方針がぶれない上、
機体に対する考え方こだわりが強固に反映されています。勉強になります。

 | HOME |  古い日記に行く »

 

プロフィール

猿まわし

Author:猿まわし
投げ上げたら(投稿したら)後は風まかせ
プチネタは時々脱線します。

カテゴリ

FF飛行機 (162)
パチンコ飛行機 (22)
ジャンボ紙飛行機 (83)
製作 (106)
FF飛行機尾翼 (19)
機体 (61)
冶具・道具 (28)
独り言 (120)
やまがた (83)
仕事 (7)
菜園 (6)
東日本大震災 (48)
福島原発大人災 (22)
プリウスα (18)
バイクのこと (17)
かごの鳥 (16)
未分類 (1)

カレンダー+アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2008年12月 | 01月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


検索フォーム

最新記事

最新コメント

いらっしゃいませ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。