フリーフライト紙飛行機 「猿」+

山形からここに引越ししてきました。 時々、模型飛行機や戯言を飛ばしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オール紙製よんごうまる03


オール紙製の(垂直尾翼は雪対策でテレカです)よんごうまる03出来ました。
70%重心位置で36gr、たぶん調整後は38grあたりになりそうです。
従来の320サイズ野球投げ機体で使っていた胴体をベースにして、補強改良して着けました。
08JC決勝で分割式胴体についてかなり厳しい判断、(胴体が破損した場合は差し替え交換を認めない)
により参加前に胴体強化した経験が役に立ちました。

4.1mm角のBOXに、上面225kgのケンラン2枚、下面180kgPHO1枚貼りました。重くなりました。
さて!飛びますかネ?        楽しみってのは…ウフフ!
スポンサーサイト

ブログの名前を変更しました

当初「FF猿」で始めましたが、
ファイナルファンタジーのお客様が勘違いでおいでになるみたいです。
ご迷惑を解消するためにブログの名前を判りやすいものに変更しました。
世の中いろんな趣味の方がいらっしゃることが実感です。

プチネタでやります。
自分にとっても大切な考えの変化や機体へのコンセプト変更の記録として
データや実績を野帖に記録してましたが、それ以外を記録補填するメモです。

ある方のブログに飛行機を400作って初めて自分のものになる。との見解がありました。
作ってみて実感します。
紙SALは20機くらい、バルサSALはたった4機です。
野球投げの紙飛行機でも100機作ったでしょうか?
残り380機。7日間2機のスピードで190週とすると、あと4年か・・・・。
                                まず8年だな!

機体の製作精度

紙だけで作る機体を、最終的に思い通りに仕上げるにはいろんな関門があります。
完成して飛ぶかどうかは別問題ですが、思い通りに仕上がった機体には、とりあえず自己満足できます。
5機作って3機が当たり!2機が何らかの理由でハズレ。こんな確立でした。
ハズレの原因を製作の途中で排除することにより、最近は製作精度が上昇しています。
毎年、この頃に大まかな機体設計が終わり、今年1年少しずつ改良して完成度を高めます。
見かけはほぼ同じですが、パーツの接着する順番を変更したり、冶具を改良したり試行錯誤の連続です。

接着したてはいい感じなのに、収縮で変形してしまったり、ゆがみが出たりします。
紙飛行機は乾燥と湿度で形状が変形する上、紙の剛性が変化します。
接着剤による収縮の影響(接着剤にもよりますが、落ち着くまでかなりの期間掛かります)が出てきます。
飛ばしてる最中の墜落衝撃による疲労破壊(目に見えないクラック)が蓄積され、あるとき突然、破壊に至ります。
失敗経験を重ねて初めて見えてくるやり方があるようです。

ただし使い慣れている紙や道具、工程の場合で、今回のSALにはかなり手こずりました。
野球投げ機体製作で会得したノウハウも使えますが、新しいことをやる時にはどうしても慎重になります。

機体がある程度出来上がり、大会に参加する頃には持参する完成機5機ほどが必要です。
この頃は量産態勢が完了していますからあってもマイナーチェンジで、問題はありません。
むしろ投げ上げる肉体のエンジンチューンです。これが出来ません・・・。


新年会に出撃!海行かば・・・

年末、ばたばたで全員揃うこともなく、やっとのことで新年会を開催。
1件目、夫婦が経営している焼肉屋。一本締めの偵察飛行で終わり。

次、スレンディな日本製のスピットファイヤーに遭遇、柳ジョージとレイニーウッドで互角に渡り合う。
〆、フィリピン製のグラマン!やっつけられました。

財布も胃袋もレロレロの午前様です。
明日は10時から会議。たぶんテンション下がります。

秘技:垂直尾翼を小さくする方法


夏場は4時すぎると明るくなり、就業後も飛ばせる時間がありました。
今、朝は硬雪で機体損傷(アスファルト舗装の駐車場と同じ)でNG。就業後は真っ暗です。

01はすべて3φカーボンパイプ、02はカーボンパイプ+1.8カーボンロッド、剛性に違いはなし。
各段の角度は違っていますが、上反角についてもスパン442と448でそう違いなし。
垂直の投影面積は2cm2ほどの違いがありますが、
Y尾翼のV部分は左右がありますので、V部分を垂直尾翼投影面積の1,5倍で計算すると結果的にほとんど同じです。
手と目が慣れてきました。自分でもビックリです。

さて、01は取り付け角を変更していい上昇です。旋回は小さくて改善の余地ありですが,
01は垂直成分の面積不足、02は理想とおりの旋回上昇で、この差は何だ??

ここから本論、秘技です!

実は02のカーボンパイプ、尾翼面積調整不十分の結果、硬雪にKISSしてばらばらになり、組みなおしました。
直した時は気が付きませんでしたが、着せ替え尾翼をやろうとして3mmφパイプ座屈を発見しました。
緊急補強で手持ちの収縮チューブ(透明)で補強しました。
前から1/2とエンドを釣り糸で巻いて亀裂の進捗を止めています。
尾翼を持ってねじってみると02は抵抗なしにくるくる回ります。(写真参照)


これが垂直尾翼容積を小さく出来る原因みたいです。
秘技:投げ上げ時によじれて横Yみたいに変形しヨーを吸収する。
垂直尾翼の面積を2割方少なく出来るかもしれません。

結果論です。
これを積極的に採用する「モサ」はいないと思いますが・・。
勇気ある方、お試しください。曲げ剛性は保障します。
          結果に責任持ちませんけど・・。






偶然の一致?


赤いのはバルサ主翼で、生地のままは紙製の主翼よんごうまる01です。
おんなじところが壊れました。
2機とも、まともに投げればまともに飛ぶ機体に調整終わっています。
投げが乱れたためか、突然変な飛びになって変な落ち方になり、墜落時の衝撃で破損したのかもしれません。
が、Y尾翼の左側めくれと同じ症状なのかと邪推してしまいます。

SAL尾翼の着せ替え

妹にサンタさんがリカちゃん人形モドキをプレゼントしてくれて以来、着せ替えと聞くと妙に胸が躍ります。
小学校高学年の頃、ホットパンツなんて見ているだけで最高に幸せでした!

さて3φのカーボンパイプに1.8カーボンロッドがするりと入ります。
3φカーボン確保しました。缶チューハイ、あれっ?寒中杯の東京往復が条件ですが近日中に手に入ります。
横Yの検証に着せ替え人形尾翼を企画しました。
1.8にホームセンターで出していた「網戸押さえゴム」サンプルがキチキチで入ります。
パイプとロッド+網戸押さえゴムの回転防止は
仙台の模型屋で見つけてきたピンクの収縮チューブ(5φくらいあるかな)とネバネバ系接着剤。
これできっちり動きません。

とりあえず、
225ケンラン+180PHOの裏打ち補強と、北雪ケント260で同じものを作り塗装後重量比較、「着せ替え」します。
北雪ケント会社に忘れてきた!     エヘン。友人の印刷屋から貰った私物です!!!
次は横Y尾翼。00の横Y採寸しなおします。適当に切ってしまいました。

気が向けば以前断念した、横Y尾翼の開度データ取ろうと思います。たぶん気が向かないと思いますが・・・。


 | HOME |  古い日記に行く »

 

プロフィール

猿まわし

Author:猿まわし
投げ上げたら(投稿したら)後は風まかせ
プチネタは時々脱線します。

カテゴリ

FF飛行機 (162)
パチンコ飛行機 (22)
ジャンボ紙飛行機 (83)
製作 (106)
FF飛行機尾翼 (19)
機体 (61)
冶具・道具 (28)
独り言 (119)
やまがた (83)
仕事 (7)
菜園 (6)
東日本大震災 (48)
福島原発大人災 (22)
プリウスα (18)
バイクのこと (17)
かごの鳥 (16)
未分類 (1)

カレンダー+アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2009年01月 | 02月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


検索フォーム

最新記事

最新コメント

いらっしゃいませ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。