フリーフライト紙飛行機 「猿」+

山形からここに引越ししてきました。 時々、模型飛行機や戯言を飛ばしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

持っていきたい機体が増えたぞ!

1次選考会?で合格した機体だけ持参するつもりでいました。
今日、落第生の2機を追試験しましたら、1機は合格できそうです。
いろんな胴体に付け替えても上昇が不安定で回避していたやんちゃ坊主の機体です。
ちょいといじったら今日はいい子です。
落第生は、垂直尾翼大きめの私好みのスペシャル上昇で一番のお気に入りでしたが、
私の力量ではピッチングが調整仕切れません、真直ぐロールも無しで上昇し、上昇パワーがなくなると、
無線操縦しているかのように頂点でクイッと機首を下げ高度ロス無く水平飛行に入ります。
主翼取付がアンダーの効果かもしれませんがパチンコの上昇のようで惚れ惚れします。
ただし着地などで尾翼廻りがちょっと狂うと上昇返り滑空がNGです。
ということはこれまでのいい子もちょいと狂うとやんちゃ坊主に変身という事で、
当日は調整の時間がありませんので、数あると安心です。
むしろやんちゃな機体のみ持参して、先輩方の調整方法や基本スペックについてウンチクを頂戴したいところですが、
最後の大会です。そうもいきません!
困りました。持参機が増えそうです!旦那作大型ガンバコは回避したいところですが・・。
運搬による軟弱な尾翼廻りの変形も回避したい所でウ〜ムッ!悩みます。
スポンサーサイト

理想的?胴体破壊


側溝にぶつかって胴が折れました。珍しくいつもと反対側です。
機首と主翼付け根のやや後ろです。機首だけのダメージで終われば理想的ですが、AGでは仕方がありません。
座屈と破断がいいころあいです。やっと三角胴が分りかけてきました。

武蔵野に向けて・・・。


出来不出来は別にとりあえずは山形の空を飛んだ6機を持参したいと、
旦那から頂戴した中型ガンバコへの収納で困っています。
縦位置にして天井から画鋲で吊るすのが最適と思いますが、はてさて楽しい悩みです。

相談役からは怒られそうなデッドエアーで何とか返るリスキーな調整ですが、高さが欲しいのでこのままでいきます。
ペラペラの水平尾翼、ちょっとでも調整が狂うと垂直落下になります。
全機とも塗装が甘く湿気を吸えばおしまいの一か八かのセットです。
当日風があれば垂直をカットです。重心?はてさてどうしましょう。
最後のJC決勝、ワイワイと楽しみたいですね。

今年も大会終了後に機体を差し上げたい(恥ずかしい限りですが)のでSALに興味のある方はお声掛けください。

濃厚接触者

家族にA型インフルエンザが出ました。
本日マスクして出勤した所、役員会決定事項で4日間の自宅謹慎?を命じられました。
毎朝総務に体温を測定して報告だそうです。
今は平熱ですが、保健所にも電話して熱出た場合の対応を聞きました。

携帯電話を頼りに打合せをしています。今、有線接続によるFAXを会社と試験し終えました。
不遜な話、天気がよければ絶好の機体調整のチャンスなのですが、外は雨!
日頃の行いが良くないので、このような事態になるのでしょうね

雨模様のなかで


朝の5時過ぎ、雨の予報で降り出す前に出撃、何とか4機を仕上げました。1回はチャント飛びました!
湿気で尾翼廻りはブヨブヨの機体もあり、湿気でホントに設定できたのかは?です。
主翼下をえぐった機体も重心位置確認のため投げましたが、案の定胴体破損で取替えです。

胴体の補強と接着

三角胴の破損はこれまでの経験からほとんど主翼付け根の後ろ側に集中しています。
それも9割がたスパイラル落下による右側座屈破損で、左側が引きちぎられることはまずありません。
補強ポイントは右側の座屈防止です。
三角胴を長い間採用(?)してきた那Sさんのアドバイスでは、短冊による座屈側コーナー補強が効果的。

ケンラン225の縦目を下処理した後、
底のコーナー内側に、主翼付け根下から尾翼接着部分まで薄紙を裏打ちし、
三角胴接着後に、二枚重ねになる上側に5cmほどの長三角短冊を主翼付け根から当てて補強していますが
下側+右上側のコーナー補強が正解のような気がします。

JCルールの裏技みたいですが、補強の紙はコピー用紙程度で十分効果があります。
ルールでは接着剤だけの補強はダメ。しかし、そこに薄紙をを当てれば「補強」でなく「接着」です。
180ケント紙1枚より、コピー用紙の2枚重ねのほうが接着はうまくいくし、強度も期待できます。

BOX胴の曲げ試験で上下に当て物と左右に当て物2種類を比較すると、
横方向の曲げ強度については、上下補強に軍配が上がりました。
ただし瞬間的に胴体が受けるショックはじんわり加重する曲げ試験と違う作用で、試験で座屈は再現できません。
座屈側の補強が肝心で、次にいつも折れない部分の肉抜きが次の課題になります。

紙を接着剤で均一に張り合わせるってこんなに難しいことだったのか!
きわめて初歩的な課題に、改めて悩んでいます。

オフセット

昼の時間やっと作って、初めての公園で飛ばしました。
23gr台の機体は旋回がいまいちのまま時間切れ、27gr台のこの機体が合格点です。
,
主翼をマスキングテープで仮止めして、旋回を確認調整。
ダーツ投げ、ヒョイ投げ、チョイ投げで、上昇や垂直尾翼の大きさダウンの量などを大体の所でイメージします。
8分投げで最終調整、決まるとフル投げです。
ここまではいつもの手順です。

帰宅後、主翼取付位置をマーキングして、仮止めと同じ位置に主翼を接着。
改めて飛びを確認してとりあえず完成。
主翼の下部をえぐって軽量化をはかり、再度重心位置を再調整して出来上がり!となります。
,
こんなにずれた状態で主翼が胴体に乗っていますが、これでまともに飛びます。
テーパーのある三角胴に横Y尾翼を接着すると中心線からずれた所にセットなってしまいます。
これを防止するためにお尻をBOXにしたりしましたが、尾翼接着面にゆがみがあり、うまくいきません。
シンプルな三角胴に戻して主翼を乗っけるとこうなります。胴体の抗力も検討しなければならないかも・・。
初めて接着した時は、異常なオフセットをみて、間違えたと思い込みあわてて剥がしてしまいました。

 | HOME |  古い日記に行く »

 

プロフィール

猿まわし

Author:猿まわし
投げ上げたら(投稿したら)後は風まかせ
プチネタは時々脱線します。

カテゴリ

FF飛行機 (162)
パチンコ飛行機 (22)
ジャンボ紙飛行機 (83)
製作 (106)
FF飛行機尾翼 (19)
機体 (61)
冶具・道具 (28)
独り言 (120)
やまがた (83)
仕事 (7)
菜園 (6)
東日本大震災 (48)
福島原発大人災 (22)
プリウスα (18)
バイクのこと (17)
かごの鳥 (16)
未分類 (1)

カレンダー+アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2009年10月 | 11月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


検索フォーム

最新記事

最新コメント

いらっしゃいませ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。