フリーフライト紙飛行機 「猿」+

山形からここに引越ししてきました。 時々、模型飛行機や戯言を飛ばしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんとか


今週の突然来た「冬」 鳥海山も初冠雪、晴れてやっと頂上が見えました。

突然発生のぐじゃぐじゃ仕事を時計気にしながら2時間で片付けて10:30現場を離れました。
(昼休みにフィールドに到着するためには、これがタイムリミットです)12時、フィールド到着。
60分投げました。午後から向かうお得意さんに走りながらコンビにおにぎりで昼食です。
日曜日にゆっくり調整とタカくくっていましたが、天気予報では雨模様。
今日しか時間がありません。
11月に入って時間が取れないとこのまま東海大に持ち込むかもしれません。
最後の真剣勝負です!

今日の結果
残念ながら初作の機体が1番機です
知恵を込めたんですが最後発ながら2番機に昇格
本命の機体がスペアのスペア

新作の機体に期待していましたが、ハズレみたいです。
初作のジャンボ機がいちばんいい滑空をします。左旋回も何とか克服できそうです。
数飛ばした機体はやはり信用があります。
新作機体、揚力水平尾翼と平板水平尾翼、同じ主翼に乗せて重心位置が10mm違います。
nara-kenさんのアドバイスによると、調整が微妙になる揚力水平尾翼は選択すべきでない。
新作は初めて紙胴に乗っけましたので調整不足を差し引いても有意差があります。

まずは機体弱点の補強、次にオーバースペックのそぎ落とし、無風時の重心位置やダウンの確定、強風対策。
後4,5回飛ばせると煮詰めること出来るんですが、出来そうもありません。
残った課題は当日先輩諸氏から飛びを見てもらってアドバイス受けながらのにわか調整になりそうです。


スポンサーサイト

ハニカム製造元

ホント、偶然にもハニカム製造元の昭和・ヒコーキの営業の方とお話が出来ました。
戦時中に世界に冠たる紫電改を作っていた会社です。
武蔵野公園のレプリカにも名前がありました。今は昭島市で頑張っています。
お仕事の話がひと段落した後、御社はハニカム作ってますよねで私人の名刺を出しました。
ご多分に漏れず経費削減で、忙しそうでした。
いかにいい物を提供するか誠実さがにじみ出てくる話し振りです。
他の会社にも見積もり依頼してます。
決定権のない私は見守るだけですがどのような結果になるか気になります。

探し物

目下、探しているのはロックタイトの5本入り。
どこのHCにもあったのに最近は見当たりません。
使うときは集中的に、使わないときは無用の長物なので、大瓶は使い切れません。
ジャンボにトライし始めて接着剤とかの消耗品の消費が異常です。
タイトボンドは2瓶がもうなくなります。
同じように塗料も同様。

機首重りも釣具屋で投げ釣りの鉛を調達していましたが、1機に60grとなれば背にハラは・・。
ガソリンスタンドでアルミホイールのバランス調整から剥がしたものを利用しています。
又、主翼固定にちょうどよさそうな伸縮性のあるベルクロテープ、
5ひゃくえんは高いと見逃して以降、どの店で売っていたのか思い出せません。
物は何でも、欲しいときが買い時ですね。

5年ぶりで虫歯に詰めた金属の総入れ替えを画策、カイシャ移る前にやっておくつもりでしたが時間がありませんでした。
30年来付き合いの歯医者(女先生)。若いスタッフはほとんど総入れ替えかな(マスクしてるんで?です)
銭儲けのためレントゲン写真は一応撮りますが、歯の履歴は先生の頭の中にあります。
この歯はこの前来た時に処置しとけばよかったね、解けてるから少し削るよとか、
この挿し歯は1本6万円もらったのよ(4本やっつけて2ヶ月ピーピー言いました)まだ元気だねとか、
歯茎がタバコのせいで黒いし、舌の弾力なくなってきたね!病気が近いわよ(言われたくねぇよ)とか、
そういえば今回は眼鏡してなかった。敵もかなり来てるな?!
先生は5つ年上、孫が出来たようで子供用自転車が駐車場にあった。

付き合いだした頃は歯をガシガシ削り、神経を平気で当たり前のように抜いた。
世の中が変わって先生も年取ってきて、なるべく歯は削らずに温存する、歯磨きを指導をする。
でもいつも診察に行って困ってしまう言葉は、寝ている間の歯軋りでエナメルが減っているから「やめなさい!」
自分だって知らないうちにやってるんだから、どうやってやめるんだ・・?
あと2ヶ月は我慢かな

双尾


細畝ダンボールで双尾を作りました。垂直は225kgの2枚重ねです。
平板尾翼です。双尾は面積を小さく出来るを信じて80%まで切り込む予定です。
通常尾翼面積を確保してありますが、切り込み線までチョキチョキすると80%です。

いよいよダンボール胴に乗っけます。

だんだんに詰まってきましたよ


900の角材に乗っけた主翼と尾翼、仮固定ですから衝撃を受けるとバラバラになります。
全長は827mmあたりに落ち着きそうです。スパンは1200です。
出来合いの水平尾翼を水平尾翼容積:1.00にするとこんな全長になりました。
引越しで家具の養生に使う(たぶん)緩衝材を入手、機首に団子みたいにくっつけます。
何回か落とすと破けてきますがなんの2mも在庫があります。
これをいいことに、ガシガシ落としましたが、さすがハニカムびくともしません!!
ベルクロの当たる主翼前縁はテレカでガードしベルクロ固定
尾翼はカーボンロッドでおさえ、マスキングで念を入れます
念願のケツ下げのゆっくり滑空は再現できませんでしたが、まずは重心が決まりました。
調整のポイントを尾翼後端のアップダウンだけまでに絞り込みました。

225kgケント×2枚の水平尾翼を昨日仕込みました、バルサ垂直と組み合わせて飛ばします。
平板な水平尾翼です。揚力尾翼の悪さチェックです。
終われば最終段階、紙胴に乗せます。

朱鷺カップでバタバタしていたエンジンお医者さんで診察です。

プラグコード交換の診断で部品交換、絶好調です、お世話になりました。
19万キロあと10万、30万キロまで乗りまっせ!

主翼前縁補修


胴体と主翼を固定するベルクロがあたる部分の前縁がグズグズになりました。
着地の衝撃を受けて、ハニカムが内部で座屈しています。
分かりにくい写真ですが、ドリルで小穴を開けタイトボンドを注入します

滑空試験の結果、
水平尾翼面積1.15ではケツデカのようで、尾翼揚力で頭下がりになるような気がします。
ピッチングで姿勢を回復して欲しいのですがそのまま地面とKISSです。
重心を下げるとなおさらいけません。

ゆっくり考えます。

尾翼の仮固定

木製胴に尾翼をしっかり確実に仮固定する必要があります。
最終的には紙胴に移設するのであくまでも仮固定ですがぐらぐらするのでは飛びの調整できません。

固定と調整方法を紹介します

垂直の通りをチェックしたマークの通りにマスキングで仮固定、
カーボンロッドを根っこに渡して輪ゴムとマスキングテープで固定
ラダーはマスキングを外して取付位置をマークからずらして調整します。
水平のアップダウンは翼後端の上げ下げです。

 | HOME |  古い日記に行く »

 

プロフィール

猿まわし

Author:猿まわし
投げ上げたら(投稿したら)後は風まかせ
プチネタは時々脱線します。

カテゴリ

FF飛行機 (162)
パチンコ飛行機 (22)
ジャンボ紙飛行機 (83)
製作 (106)
FF飛行機尾翼 (19)
機体 (61)
冶具・道具 (28)
独り言 (119)
やまがた (83)
仕事 (7)
菜園 (6)
東日本大震災 (48)
福島原発大人災 (22)
プリウスα (18)
バイクのこと (17)
かごの鳥 (16)
未分類 (1)

カレンダー+アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2010年10月 | 11月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


検索フォーム

最新記事

最新コメント

いらっしゃいませ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。