フリーフライト紙飛行機 「猿」+

山形からここに引越ししてきました。 時々、模型飛行機や戯言を飛ばしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

0.15=垂直尾翼容積比   ??

大会後のアトラクションでジャンボのSAL投げをしようと一部で盛り上がっています。
SALに造詣の深いサル方に?したところ最低でも0.15!!!

黄色いのが垂直Y尾翼の展開です。隣が今回の水平尾翼と同じ面積
時間を逆算すると尾翼の作成が1番目です。
タイトボンドを控えめに塗って圧着
お得意?の横Y尾翼に仕上げます

出来るだけ尾翼周りの面積を小さくするために
目いっぱい胴体を伸ばしてオフセットできるか考えます。



下は昨年の不出来な主翼です。
重量も数grの違いで、成長の後が見えません。
左に見える青いのがこのドデカイ尾翼が乗っかる不幸極まりない胴体です
2本を覚えたてのエポキシ泥縄接着で合体します。

昨年の不出来な主翼も持参して大会後のお楽しみにしましょう
スポンサーサイト

身体測定

北 杜夫が逝去です。供養代わりに読み直しましょう
若い頃に本を好きになるきっかけになった作家です。南無南無…
郷土の歌人 晩年は・・で有名な斉藤茂吉の息子、
兄貴が精神科医の斉藤茂夫(今日まで「さいとうもた」!って覚えてました)


胴体や尾翼周りは昨年の焼き直し(流用)で新鮮味に欠ける機体です。
主翼はyamameブログの0901YAにトライ
ハイポイントは若干つぶれて0801位になってしまいましたが
凹型治具のおかげでアンダーキャンバーは何とか物になりました。
翼長1210mm 翼根140 
翼端の高さは120mm 上反角率10%位です。
昭和飛行機のハニカム5mmをダブルで挟み込み整形、190grで仕上がりました。
上側に使ったケンラン225をシェイプアップすれば
軽量化は可能でしたがSAL投げ用に強化しました。翼端に紙やすり張りまっせ!
胴体は全長1070mm、昨年の胴体を軽量化した上
230mm延長して水平尾翼容積1.34を確保しました。
垂直はあてずっぽうで0.04 
破壊試験(試験飛行)ではそれなりに効いているようで直進性は合格です。
主翼のねじれで右に落ちやすい滑空でしたが翼端をこじって修正
邪道ですが最終的にラダーでつじつまを合わせました。

重量は530gr、主翼翼面荷重はなんと32.4
滑空速度は10m/sになりそうです。
水平はオーバースペックかも、着地時の変形を嫌って重くなってしまいました。

着地時のダメージ軽減を主目的に緩衝材をセットしていますが
この機体が人に当たったことを考えるとぞっとします。
この重量この滑空速度 ジャンボは危険だらけ
滑空距離は50m程度ですがフィールドに人がいたら飛ばさない位の慎重さが必要です。

生涯飛行機やるならこの程度の我慢は「ヘ」でもありません!

やり直し

主翼の弱点にノコを入れて

取付け部のやり直しです。
タイトボンドが手でむしり取れます、硬化までに必要な時間が足りないようです
不慣れで過去に痛い目に遭ったエポキシでくっ付けます。

その上にここのところの乾燥のせいで胴体が右に曲がってしまいました。
垂直も剥がして当日に現場合わせになりそうな予感…

間に合うのかなあ〜?

今日のところは許してやる!



胴体の仕上げと塗装が済んでいませんが、とりあえず重心探しと破壊試験(試験飛行)
週末も仕事が入りそうなので、半日休みをぶん取りました。
上天気で無風の飛行機日和です。

体重測定ではなんと550gr、想定より10%オーバーです。
機首に鉛が100gr近く入りましたから仕方ありません。

予想のとおり0段目と1段目の主翼取付け部がバンザイです。
ここに挟んだイラストボードが元凶で何度も裂けてしまいます。
3grの瞬間を使い切ってしまいました。

最後は主翼台座が剥がれて試験終了。
心配していた胴体はダメージがあるものの最後まで持ちそうです。

なかなか定常滑空に入ってくれませんで、機首下げのまま着地します。
30〜50m、昨年の機体よりも距離が稼げません。
せっかくのアンダーキャンバーも効果なしの状況。

今日のところはこれくらいで勘弁してやる!!

ファイナルステージです


胴体の延長がほぼ終了。何の変哲もない胴体になってしまいました。
主翼はやっと完成、1200mm程度です。
スペックは完成後に採寸してからブログに乗っけます。
残すは垂直尾翼の作成と
主翼台座のセッティングと胴体のカバー補強。

おいおい後一晩かかるぞ!

完成まじかになって急にペースが落ちてしまいました。
22日(土)に半日時間が取れそうだったのに
天気予報が飛ばせないと判明した途端にブレーキです。

SAL用に尾翼をセットした胴体も別に欲しいところです。

避難指示

帰宅したらば いい具合の湿度、
早速すっぴん部分の多いジャンボ主翼の塗装にかかりました。
前回の機体塗装は屋外でやったかすかな記憶
作業終了後に全部ベランダに出してしまえばこっちのもの
  何とかなるはず

と始めたところが、    参った!
ゲショ気味もありますが強烈なシンナー臭で
工作室(立派なものではありません ただの親父部屋)から身の危険を感じて避難
逃げ出す時にエアコンの「換気」を入れたから なおさらいけません。
1F居間までシンナー臭が追っかけてきました。

決死の覚悟で入室してエアコンをOFF 家中の窓全開、やっとひとごごち着きました。

家族から大ヒンシュク。
ジャンボはハプニングだらけです。

やっちまった!


裏側の接着に気を取られていたら、接着面に隙間が出来てしまいました。
対策を誤ると上反角がジワリと接着剤の収縮で変化してしまいます。
何とか今のところ変化無しで収まっています。


つなぎ目をRに追従する135kgほどの柔らかい紙で押さえます。
オバハン(野球投げ)ならばこれでも座屈しないかもしれませんが
何せSALで大会後にアトラクションをするつもりなので
補強

下地がしっかり接着できていることが前提ですが、これで接着面からの破壊は防げると思います。
着地時のショックにも耐える補強です。

 | HOME |  古い日記に行く »

 

プロフィール

猿まわし

Author:猿まわし
投げ上げたら(投稿したら)後は風まかせ
プチネタは時々脱線します。

カテゴリ

FF飛行機 (162)
パチンコ飛行機 (22)
ジャンボ紙飛行機 (83)
製作 (106)
FF飛行機尾翼 (19)
機体 (61)
冶具・道具 (28)
独り言 (119)
やまがた (83)
仕事 (7)
菜園 (6)
東日本大震災 (48)
福島原発大人災 (22)
プリウスα (18)
バイクのこと (17)
かごの鳥 (16)
未分類 (1)

カレンダー+アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2011年10月 | 11月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


検索フォーム

最新記事

最新コメント

いらっしゃいませ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。