フリーフライト紙飛行機 「猿」+

山形からここに引越ししてきました。 時々、模型飛行機や戯言を飛ばしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも初めてはドキドキ


日本海側の酒田市に打ち合わせ、700mの峠で今年初めての雪道
20kmの間ずっとこんな感じ、シーズン初めはいつもドキドキです。

コンビニでタバコ買ったらこんなにお釣り(おまけ)がきました。
後ろに並ぶお客を尻目に店内を走り回って商品を探す店員さんが気の毒です。
スポンサーサイト

伊達インドア競技大会

JCが今年で最後の開催になるとの情報が飛び交っていた頃
各地で地方大会の企画が取りざたされました。
飛行機仲間が集まる機会を自分たちで作ろうとの目論見でした。

仙台でもシェルコムていうドームがあるじゃないか!

秋田樹海ドームでの大会に参加した会員からここで大会やろうと盛り上がりました。
ところが、ここからが大変
「たかが飛行機飛ばしはスポーツではないので利用申請は認めない」とノタマウ管理者に
半年掛りで、市会議員を使ったりDVDを持ち込んで見てもらったり
硬軟取り混ぜてのアプローチでした
「飛行機飛ばし」はれっきとしたスポーツであると認めさせやっと本日の開催となりました。
開催のためにご苦労した仙台飛行機を飛ばす会スタッフの努力に敬意を表します。
これで次回開催への道が開きました。

遠くは関西から参加頂きましたありがとうございます。
表彰式の風景?です

呼び出し方式による10投合計記録での順位
オール紙カタパルトの規定1
何でもありカタパルトの規定2
何でもありハンドランチの規定3
真のグライダー王者を確かめる大会です
腕に覚えのある猛者の次回参加を期待します。

銀杏(いちょう)と銀杏(ぎんなん)

銀杏も銀杏も同じ字になるのを知りました。
ここ1週間でイチョウの葉も落ちて地面に同心円の黄色いじゅうたんです。
風が吹かない日々が続いたことを物語っています。
タクシーや距離を走る営業車は冬タイヤへの交換が始まりました。
このまま夏まで履き潰しします。
鳥海山の初冠雪ももきれいでしたよ。


我が家の庭は季節外れの向日葵がけなげに咲き、
秋風に震えながら受粉を待ちわびています。
季節がどうにかなってしまったんでしょうかね?

取付け部がぐらぐら修理が必要なジャンボ胴体は
目下ネクタイ掛けとして活躍中!
今日も一日一銭にもならない会議が延々と続きます。

予想のとおり野田首相がTPP交渉参加を表明しました。
TPPがなんなるかも良く分かりませんが、
他はともかく世界で飢えて死ぬ人が出ないように食料分野でTPPは貢献すべきだ
農業県山形の一線で活躍してきた県庁OBのポロリとした一言が重く残っています。

競技人口 5人+α

ジャンボ紙飛行機大会

こんなレアな世界に身をおいてあれこれ考えることが出来る幸せ
紙で作った大きな模型飛行機を飛ばすなんて日本しかない類まれな趣味の世界

ジャパンカップの頃はまだまだ競技人口が多かったけど東海大学はPR不足かな
何とかこの大会を盛り上げるために微力を尽くしたいものです。
JCの参加条件を変更させたnara-kenさんのビッグフライト
東海大学にかかわって大会を立ち上げてくれた彼の功績、頭が下がります

さて今年はジャンボ機SAL元年 発射初速が2倍以上違うんだもの喧嘩になりません

  ししゃもどころか煮干も食えない「猫っ」

発想を変えないとついていけませんぜ〜っ! nara-kenさん

ジャンボ紙SAL  でけた!

東海大学第4回ジャンボ紙飛行機大会

紙飛行機部門優勝者の後姿 圧勝でした
10m弱あがって姿勢を保ったまま若干頭下げで滑空
何度投げても70m以上を稼ぎます
おめでとうございます。

現役諸君が参加したダンボールすっぴん部門で注目したのは
なんと無尾翼
ただでさえ調整が微妙なすっぴん無尾翼が素敵な滑空をします
着地の衝撃で本番時には機首はぐらぐら、それでも何とか飛びます
自由な発想の飛行機がたくさん集いました。

紙飛行機部門の第1投で主翼バンザイ……
補強不足の弱点にダメージが出ました。瞬間で競技の間に補修します
多分投げ上げ角が大きくて壊れなくともまっすぐ頭から落下したでしょう

一日たっぷり遊んだごほうびに記録証を頂いてきました。

今回の反省
1.サイズは1mちょっととして大型化は不利
 理由 重量を軽くすることにより剛性強化のための補強重量増加を防ぐ
2.投げを含めて十分な調整をする(破壊試験の不足)
 オバハンで滑空しない機体はSALだって滑空しない
3.ゆったりマッタリ飛ぶ飛行機では距離を確保できない
 機速により揚力を確保する機体を設計する

余興でSALやってみました。
600grの紙飛行機が何とか上昇しました
yamameさんも本番機の垂直をバルサで拡大してSAL用に改造
こっちの大御所はちょい投げでオバハンの記録80mに迫る距離を安定した姿勢で飛ばします
来年はオーバー100mの記録も夢ではありません。

距離競技に最適な無風のいいコンディションで開催された今回の大会
担当教授も継続宣言をしていました
開催は大変ですが年寄りの楽しみのため来年もお願いします。
スタッフの皆さんお疲れ様でした。
そして、ありがとうございました!

これって間に合ったって言うんだろうか?


エポキシの強度発現を信じて
やっとのことSAL胴体が出来ました   けど



このアングルからだと到底飛びそうにない機体です!

600gr弱の機体を果たして放り投げられるのか?
重心すら現場合わせです。
これって間に合ったって言わないっすよね

ジャンボ胴体補修

着時事の衝撃がすごいジャンボはとこかに逃げを作っておかないと
当日練習や本番で致命的なダメージを受けます。
主翼のバンザイや胴体の曲がりです。
主翼はリリース時や着地時のダメージを考慮して堅牢に作るしかありません
もうひとつは軽量化です。
胴体は取付け付け部から前(機首側)でダメージを吸収させる必要があります。
ところが

折れやすい機首取付け部翼台のすぐ後にクラックが入ってしまいました。
投げているうちに旋回が強くなった原因です。
補修に入ります

ドリルで穴を開け

曲がりを修正したうえで瞬間を流し込みます。

穴を完全にふさぐまで何度かに分けて瞬間を入れて、余計な接着剤を除去
nara-kenさんに教わった補修方法です。
小さい機体なら太目の針でいけそうです。
内部にまで接着剤を浸透させないと弱点は補強不可能です。

 | HOME | 

 

プロフィール

猿まわし

Author:猿まわし
投げ上げたら(投稿したら)後は風まかせ
プチネタは時々脱線します。

カテゴリ

FF飛行機 (162)
パチンコ飛行機 (22)
ジャンボ紙飛行機 (83)
製作 (106)
FF飛行機尾翼 (19)
機体 (61)
冶具・道具 (28)
独り言 (119)
やまがた (83)
仕事 (7)
菜園 (6)
東日本大震災 (48)
福島原発大人災 (22)
プリウスα (18)
バイクのこと (17)
かごの鳥 (16)
未分類 (1)

カレンダー+アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2011年11月 | 12月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


検索フォーム

最新記事

最新コメント

いらっしゃいませ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。