フリーフライト紙飛行機 「猿」+

山形からここに引越ししてきました。 時々、模型飛行機や戯言を飛ばしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事始め


工事閉園中の宮城加瀬沼公園
ゲリラで飛ばしてきました。
最後は管理人さんからバッテン印が出て退却。


「400機作って一人前」、どなたかの格言だそうです。
はたして達成できるのか心もとない限りです。
スポンサーサイト

紙飛行機の製作・切り出しまで


素材はインターネット上に公開された(現在は閉鎖)図面、J142Ma
はがき程度の厚さのケント紙(180kg)にプリントします。
家庭用のプリンターインクは顔料(水に溶ける)系なので
すっかり乾いたところで軽くラッカーをスプレーすると落ち着きます。
私はすっぴんのままで作業を進めます。


はさみとカッターナイフ、カッターマット(ボール紙)に定規、折り目を入れるためのキリ。
まずは折り目のすべてにキリで折れ線をけがきます。
カッターは鋭角30°の小型、
薄刃がいいとか好みがありますが私はずっとこれです。
カッターは紙と直角ですがパーツによっては斜めに当てたりします。
2度カッターを入れて切り離すくらいの力の入れ加減でスーッスーッと切ります。
定規の当て方の基本は残す部分を定規で隠くすようにします。
パーツごと切り離すのではなく、同じ方向の切り取り線にカッターを入れていきます。
直線を切り終えたら曲線部分をはさみで切り取ります。
台紙から切り離すのは最後の最後。

この次が地味ですが大切な作業「バリ取り」です。
パーツをひっくり返して切り口を触ってみてください。切り口が盛り上がっています。
これに紙やすりをあてて、バリ取りをします。
カッターにこだわるのはこのバリを嫌がるからですが私はこの作業を入れてバリを気にしません。
問題は表側、全面赤の印刷が乗っていますので削れません。
キリの柄などを使ってバリを消します。主翼の前縁などは意識的にする場合があります。
カッターを斜めに当てたりするのもこのバリ対策の為です。

ここまで30分、定規を押さえる左手がプルプルしてきます。

切り離したパーツをシリカゲルの入ったタッパーに入れて紙の水分を取ります。
紙の乾燥はとても大事な作業で、これを怠って塗装を進めると完成後に狂いが出ます。
塗装前の作業は湿度50%以下を心がけています。


紙飛行機の製作・接着と塗装


紙が乾燥したところでサンディングシーラー(目止め材入りラッカー下塗り塗料)による下塗りです。
この塗料は乾くと表面がざらざらします。それを紙やすりで軽くこするとケント紙表面の凸凹が埋まってツルリになる代物です。
無ければラッカーでOKです。ただしとろりとしている状態では駄目で、こんでもかというくらいシャビシャビです。
エンジンを止めた直後のエンジンオイル位、塗料3割シンナー7割かな
シーラーを塗る目的は表面ツルリなおかつ内部の紙の繊維の隙間にラッカー成分を浸透させ水分が入り込む隙間をふさぐ。
よってシンナーによって紙の内部にラッカー成分を浸透させるために薄くします。
2度塗りしたケント紙をひっくり返したところです。
表面にラッカー成分を残すのが目的でありませんので、あっという間に吸い込んで表面は変化なしで光りもしません。

何でこんなことするの?

本人は「紙の中の水分をシンナーで追い出している」と思い込んでいます。
水分が浸入しないくらい紙の表面にシンナー成分が残っていれば完璧なのですが、ここが塗料の薄め具合の勘所です。
この作業に意味があるのかも含めて、まだまだ掴めません。確かに表面はつるりとします。
おまじないのつもりでやってます。

裏に塗ったらシンナーが飛ばないうちに速攻で接着剤を乗せます。

パテベラで薄く延ばして
余計な接着剤をローラーで扱き出します。
ローラーの柄でしごいてもOKです。
このほうが効果的かもしれませんが接着面がそったりずれたりしますので注意します。
はみ出した接着剤をシンナーに浸したコットンパフで拭い取り(消しゴムでこすると取れます)、接着面を微調整したら
圧着します。
こんな風に紙がねじれています。
ゆがみが取れればいいなぁと願いを込めて挟むのですが、成功の確立2割位でゆがみが残ります。


閑話休題(2時間位放置です)
パチンコの大御所はこの主翼接着でガラス板を使うそうです。溶剤飛ばないだろう…?そのとおり。
でもセメダインC使い終わる頃にになるとねっとりしてくるでしょ!チューブの中の溶剤が飛んだんですよ〜っ
ころあい見てガラスを少し浮かすんだそうです。  気の遠くなるような地道な作業です。

まだ固まっていないうちに
上反角(主翼中央の折り曲げ具合)とキャンバー(主翼の曲線)を触り具合でいい加減につけます。
作り慣れない方は、たぶんガイドの紙が入っていると思いますのでそれより控えめにでも忠実に形成してください。
ここも勘所です。
左右対称にゆがみがあると飛ばしたときに飛行機が暴れます。
わかります?折り目に沿って貼り付ける短冊、後ろ半分浮いています。
暴れ(ゆがみ)対策です。ここは胴体に接着する時にゆがみ調整しながら最後にくっつけます。

胴体はやや大きめに切り出して1.2mmのバルサを芯に計4枚を接着しました。
水平尾翼は養生中です。
接着剤のはみ出しを除去してから圧着します。


大きめに切った胴体の型紙を切り込みながら周囲の形成をやり直し、塗装の段取りです。
私は仕上げ塗装も刷毛塗り派ですからいろいろと面倒ですが、スプレーラッカーでお手軽に仕上げることが出来ます。
スプレー塗装は専門外ですから軽く流しますが、乾燥した日の屋外でお願いします。
エアーガンも試しましたが馴染めませんでした。
スプレー缶をタオルにくるんで(爆発防止)お風呂に入れてから作業に掛かる専門家がいます。
圧力を高めて細かい霧状のラッカーを吹くためだそうです。
一度で仕上げずに薄塗りして2度3度塗装をかけます。

紙飛行機の製作・完成まで

残るは胴体に水平尾翼と主翼を接着するだけです。
まずは尾翼から、この尾翼は垂直と干渉しますので切れ込みがあります。
こいつが難物です。胴体を固定して

接着すると出来上がり。

次は主翼

胴体に直角に直角にこれがゆがむと飛行機が直進しません。
カッターマットのマス目を頼りにセットします。

接着面の一番前の部分だけ接着剤を入れて仮押さえ。取り付け確認して残りをくっつけます。重心合わせ前で6.0gr。ほぼ完成です。

2機目は翼端の上反角を少し大きめにしました。
2機目も完成目前です。

アシュヴィン


インドの医術の神様のようです。
調べると同名の競走馬もいました。私的にはこっちですが‥。

180ケナフケントに刷りました。
今夜から製作に入りますが、
胴体が8枚重ね(この機体は8枚しかない!)でこれにはいつも苦労します。
作るのも難儀ですが胴曲がりで飛ばした時の調整も微妙です。
今回はズルしてバルサをはさみます。
1本はまともに作って重量を比較しますが
接着剤の重さで案外イーブンになるのではと期待しています。

カメラは嫌い


カメラは嫌いなのですが衝動買いです。
11k値段に目が眩みました。展示品新品で中古市場でもそんな価格です。
乾電池で駆動、望遠レンズに惹かれました。
パチンコで打ち出した機体を撮影できるかはこれからの課題ですけど…。

旅先でシャッターを押すと見たような気になる
これがいやで、カメラは持ち歩きません。
ブログでは写真による説得力が違いますので必需品です。
これまでは携帯についていたカメラでの撮影。
カメラ購入で更新が頻繁になるはずもありません。

今回購入したのは22倍ズームの機種。見た風景とは違う景色が撮れそうです。
もっと倍率が出る機種がありますが値段との兼ね合いでこれになりました。
手振れの問題もありますし、この辺がバカチョン素人の折り合い所かもしれません。


北北西やや右


恵方巻きを食べています。
信心深い人では決してないので、ただ単に「食い気」と思われます。
数年前にコンビニが山形に持ち込んだ風習で
太巻きにかぶり付くなんてお下品な季節行事は少し昔の山形にはありませんでした。

外は10年ぶりの豪雪。
とは言え、本場のところから見れば可愛いものですが…。

 | HOME | 

 

プロフィール

猿まわし

Author:猿まわし
投げ上げたら(投稿したら)後は風まかせ
プチネタは時々脱線します。

カテゴリ

FF飛行機 (162)
パチンコ飛行機 (22)
ジャンボ紙飛行機 (83)
製作 (106)
FF飛行機尾翼 (19)
機体 (61)
冶具・道具 (28)
独り言 (120)
やまがた (83)
仕事 (7)
菜園 (6)
東日本大震災 (48)
福島原発大人災 (22)
プリウスα (18)
バイクのこと (17)
かごの鳥 (16)
未分類 (1)

カレンダー+アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2012年02月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -


検索フォーム

最新記事

最新コメント

いらっしゃいませ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。