フリーフライト紙飛行機 「猿」+

山形からここに引越ししてきました。 時々、模型飛行機や戯言を飛ばしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こだわりの機体


15Xを補強です。実のところ今日の主翼破壊は2段目と3段目にも及んでいました。


白状しますと、土曜日にも   
あと数cmで尾翼接地のタイミングでコンクリート柱に激突、翼根が剥がれてしまい補修しました。

飾っておくだけになっても仕方が無いような私には難しすぎる機体なのですが
製作者であるyamameさんの思い入れを強烈に感じて気になります。

主翼は3枚の張り合わせで前部は強度のあるバルサ、後部は軽いバルサでここが割れてしまいます。
軽量化を意識した凝った造りです。それとも私みたいに材料をケチったかな?
また、Y尾翼ですが、上反角20度のセオリーから外れた25度を採用しています。
広すぎる主翼によるスリップを制御するための苦肉の策と思われます。
珍しい3段上反角の主翼もあまりお目にかかりません。これも同様の理由でしょうか。
そもそも屋内機のスペックですから最初は2段上反角の550スパンの設計だったのかもしれません。

主翼後端にスリットが入っていて揚力増加をした工夫の跡があります。
yamame機には珍しい現場合わせの痕跡です。
yamameさんにとっても15Xはじゃじゃ馬だったのかもしれません。
私の力量で制御できるとは思われませんが、しばらくの間、真剣に取り組んでみます。
割れた部分にマイクログラスを張りました。
右主翼のキャンバーを増やしました。
そぎ上げを少し入れてみました。

どんな上昇になるか楽しみです。
スポンサーサイト

デサ付きに改造

15Xをデサ付きに改造、重心調整に出撃。少し鉛を抜きました。
15Fと比較すると倍近い主翼面積に感じますが、1.4倍でした。
540スパン、コード98で39grです。


15Fはどんな投げにでも対応してくれて「スコン!」と返ってくれます。
最高のトレーナー機です。
15Xは少し気難しいようで、浅い角度で引っ張らないとご機嫌斜めです。
急角度で突っ込み、はらはらしました。
翼端にクラックがきたので本日は店仕舞い。

今日の相棒

  こいつじゃなくて




メインは 15F
550スパン.コード70の細身の主翼
見た目は投げ上げ獲得高度優先で滑空を犠牲にした機体スペック
ところが滑空が良い!
深いアンダーキャンバーの恩恵かな

主翼は
深めのそぎあげから肉厚のある全縁
20%あたりからはストレートになって
アンダーキャンバーにお付き合いする下がった後端
吹き上げの気流があると翼を振って
来たよ!と教えてくれます。

ノーステップで5割スロー、デサの作動チェック
これだと左に返らずに高度ロスがあるはずなのに素直に返ってくれて 良い
フル投げ(のつもり)でも挙動は変わらず。
上体だけ使っての惨めなフォーム、下半身からのひねりが出来ない。
こんな投げで相棒に申し訳ない。

デサを短くセットして投げの練習
ふくらはぎがつってきた。
降下の時翼端が割れたのを言い訳にして中止

kids gooの垂直上昇にトライ
揚がるけど垂直落下 までは出来た

これからシゴト
いい日でありますように!

裏日本育ち

プラ飛行機半日車に入れていたら、主翼の裏打ちが乾燥のため歪んでよれよれ。
持ち帰って一晩おいたら、ダメージはあるものの何とか飛びそう。
朝、調整してみました。
金環日食の朝です。

しつこい狂いを何度か修正して、
上昇はめちゃくちゃでもようやく滑空するところまでこぎつけました。
ダイドーのポイント用プラスチックカードでは薄すぎて
「どんなにしても狂わない」誰にでも調整なしで飛ばせる翼にはならないようです。
重くなりますがもうチョイ厚めのカードがいいのかもしれません。

それにしても紙を見直しました。下処理さえ万全だといい線行きそうです。

プラカードの飛行機

今日のお弁当 自分で詰めました。
コンビニ弁当は脂っこくて塩っぱくて、弁当持ちの営業って昔から言われてます。



Kids gooをダイドー自販機のポイントカードで作ってみました。
翼はみんなプラスチックで、主翼裏のみ紙製。胴体はバルサと紙のコラボ。
重心仮あわせで6.0grです。
スパン160ですから思ったより軽く仕上がりました。
裏は当然・・・・。

明日 と ば そ !

震災ガレキは送料無料?

震災ガレキの広域処理が必要となり、被災地から離れた自治体で受け入れについて賛否が分かれました。
広域処理に賛同していただいた多くの自治体や関係者に感謝申し上げます。

一方、
震災直後のガレキ1次処理(散らばったガレキを被災地内の仮置き場にとりあえず集める)では
短期間にかなりの台数のダンプが必要となり、近隣の山形にも声掛りがあるかと準備しておりました。
ところが、ダンプの要請は想定よりかなり小さいものでした。
多くの車両を投入して短時間に処理して欲しいという発注者(自治体)の意図に反して
請け負った業者は自前の重機や車両だけを活用して、細く長く仕事をこなそうとした訳です。
津波に洗われて生活基盤を全て失ったのですからある意味当然です。

今、広域処理になるのは、1次集積所で種類ごとに分別されたガレキです。
ほとんどが2次集積所に山となっています。
受け入れ反対の理由の一つに焼却時や残った灰に含まれる放射線物質の問題がありますが、
搬入車両が増えるとか処理能力などの日常的な理由もあります。

そこでお願いです。
降り注いできた厄介物を全国に拡散したいわけではありません。
被災地から離れた自治体で震災の痛みを共有していただくため十分な論議をして欲しいのです。
受け入れガレキはダンプ1台だけでも結構です。受け入れをするという結果が欲しいのです。
運賃(余計な処理費用)が発生するわけですから・・・。

日本の原発が停まった

とりあえず、止まった。
持ち回りの計画停電とかで、国内製造業に不安を与え
だから原発がないと…。

上手だね。  やり方が

 | HOME |  古い日記に行く »

 

プロフィール

猿まわし

Author:猿まわし
投げ上げたら(投稿したら)後は風まかせ
プチネタは時々脱線します。

カテゴリ

FF飛行機 (162)
パチンコ飛行機 (22)
ジャンボ紙飛行機 (83)
製作 (106)
FF飛行機尾翼 (19)
機体 (61)
冶具・道具 (28)
独り言 (119)
やまがた (83)
仕事 (7)
菜園 (6)
東日本大震災 (48)
福島原発大人災 (22)
プリウスα (18)
バイクのこと (17)
かごの鳥 (16)
未分類 (1)

カレンダー+アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2012年05月 | 06月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


検索フォーム

最新記事

最新コメント

いらっしゃいませ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。