フリーフライト紙飛行機 「猿」+

山形からここに引越ししてきました。 時々、模型飛行機や戯言を飛ばしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっと飛ばせた

週末は こんな感じで天上からの贈り物が届いて、
週明けはプリウスが国際救助隊サンダーバード7号に変身してみたりと大忙し。

やっと飛ばせました。記念写真
  日本海の町、酒田です。
すぐそばには風力発電の風車が立ち、けだるく回っています。
いつも吹いている強い風のために 雪が飛ばされてこんな場所もありますが、
フィールドはくるぶしほど潜ります。

ループが抑えられません。
水平尾翼にダウンをかなりきつく入れ主翼のキャンバーを抜き、何とか上昇は合格です。

3mmゴムの7分引きでも抵抗が大きくて30mくらいしか上がりません。
ぽかぽか陽気のサーマルがたのみです。
何回かランチして時間切れ直前に1分近く飛んでくれました。
返りですこぶるロスしたにもかかわらず、そこから降りてきません。
カメラに入れようとしたんですが、・・・・・       (拡大しても写っていません)

  回収位置から見た、発航地点です。
手前の黒い丘みたいなところです。100m流れていました。

カブは飛ばす楽しさを、pipo機は作る楽しさを教えてくれた、私の原点です。
スポンサーサイト

津波襲来までの数十分

頼みの綱の委員会がフクシマの非常用復水器の調査に乗り出す。
国会の事故調が調べようとして、東電から暗い危ないと拒否された奴だ。

原発は水が頼りで、原子炉から温水を取り出して発電するのも燃料棒の温度管理にも水が欠かせない。
地震の後、送電線の鉄塔が倒れて通常の電気供給が絶たれた。
当然2次3次のバックアップシステムが水の供給を確保する設計だった筈。
地震直後のパニックで操作の人為的ミスもあったろうけど、
原子炉を休止するための処置が手順を踏んでなされたはずだ。

津波襲来までの数十分、何が出来て、何が出来なかったのか?理由は何か?
ここのポイントが今回調査する非常用復水器だ。
電力は「想定外の津波」の被害で原子炉が暴走したと説明しているが
津波襲来前の地震被害の段階で原発が制御できたか判断するための調査である。

活断層で駿河が停まるか否かは駿河1基の問題だが、
想定内の地震被害で原発が壊れたとしたらことは重大だ。

歌舞伎を見てきました

   

酒田市黒森に伝わる田舎歌舞伎の正月公演です。
消防から駐在から老人クラブからPTAまで総出で迎え入れ体勢を布いています。
  今日だけは消防ポンプも庫外待機でシートをかぶり、ポンプ小屋は団員詰め所になっています。

小雨が降っている昼の時間には、黒森小学校の5,6年たちが上演中でした。
演目は少年歌舞伎「菅原伝授手習鑑 吉田社頭車引きの場」で30分の熱演です。
主役が昨日から熱を出しているらしく、親戚らしきおばあちゃんがはらはらしながら見物しています。
濡れて滑る花道でこけて、カツラが飛ぶハプニングがあったりもしますが、
子どもたちが立派に見えを切ると観客から拍手がわきあがります。



午後からは大人たちの本狂言が2番。
日曜日も同じ演目で上演されます。

プリウスαが来た

注文からたった3週間でプリウスαグレードGの5シートが納車になった。
昨年の今頃は黙って3ヶ月待ちだったので、早すぎて拍子抜けした。
7シートの新しいリチウム電池を乗せたのは、相変わらず納期遅れみたい。

噂では去年被災地向けに重点的に車を割り当てて、山形は薄かったなんてのも聞いた。
震災直後にとりあえず買った中古車の代替需要がすごかったようだ。
落ち着いたので昨年ディーラーから文句の出た地域に集中割り当てしたとか・・。

付属品は
マット、バイザー、安いナビ、ETC、リアの目隠し、ホイール付きのスタッドレス。
唯一のぜいたくがエンジンスターター。

へそ曲がり

SUで主翼接合部を張り合わせたホンテンのためし投げ。
せっかく軽量化したのに、SUと重心調整の鉛で元のメタボに戻ってしまった。
目標はまず25m。


右にバンクして、切れ込んでしまう癖が出て対策。

左右のアンバランスを疑って、鉛を貼ってみたり、ラダーをいじってみたけれども
効果なし。早々に退散してきた。

多分、翼根接合のときにねじれてへそ曲がりになってしまったようだ。

紙特有の修正方法なんだろうか、
気仙沼名物、紙飛行機の「あぶり出し」でねじり下げを付けてみる。
またの名を「タタキ」「ヤキイレ」
問題になっている体罰みたいだけどもちょっと違うよ。

マイセンと言えなかった私

100均にツリロンを買いに行ったついでに

「マイルドセブン、6mmソフト、カートン。」
週に一度行きつけのタバコ屋でカートン(10箱)を買う。

ふとパッケージを見るといつの間にやら「メビウス」に名前が変わっていた。

恥ずかしくて最後まで「マイセン」と呼べなかった!


セリアでチャックつきのビニール小袋を購入。
ちびた鉛片も捨てられない貧乏性なので
机の中で雑然となっているガラクタの分類収納です。
デサのパーツは何種類かあるので仕切りのあるプラケースが便利です。

スタッドレスタイヤ

冬道用タイヤは11月半ばには交換して、4月まで履いています。
私の走行距離(年間3万km)で3〜4年で履きつぶしする使い方です。
タイヤの減り具合を見ながらクリスマス前までには前2本を新品に履き替えます。
新しいタイヤは一皮剥かないと本来の性能を発揮できません。
一番辛い1月末の厳寒期を乗り切るにはこの時期の交換となります。

カリカリに冷えた圧雪ならどんなメーカーのタイヤも効くのですが
圧雪の表面が融け、水が浮いている濡れた道路
ブラックバーン(アスファルトの上にうっすらと氷が張り付いた状態)の凍った最悪の雪道
圧雪表面が融けた後再度凍ったアイスバーンのスケートリンク
ザクザク雪のでこぼこ悪路
雪道といえどいろんなケースがあって、各メーカーが性能にしのぎを削っています。
オールラウンドに効果が出れば最高なのですが、得手不得手があるようです。
過去にフロントを新品に交換した時、リヤの古いタイヤが負けて尻振りをしました。
性能の差が大きかったのでしょう。リヤも即新品に交換しました。

ずーっとBSですが、今年は奮発してブリジストンGZにしました。
BSの最上級タイヤです。
発売当初にもさぞ効くんだろうと食指が動いたのですが、02の2割高であきらめました。
今回のGZはブラックバーンでは意外に効きません。
制動時の尻振り(リヤタイヤは02)もないので、性能差は少ないのかもしれません。
ただしコーナリング性能は目を見張るものがあります。
行きつけのガソリンスタンドスタッフが面白いことを言っていました。
ほとんどのお客が「BSで滑るんでは仕方がない」とコメントするそうです。

冬用タイヤは保険のようなもので、ブレーキ踏んでいるのに意思に反してツーッ・・・ドガン!では洒落になりません。
冬の山形、部品屋と修理工場は大忙しです。






 | HOME |  古い日記に行く »

 

プロフィール

猿まわし

Author:猿まわし
投げ上げたら(投稿したら)後は風まかせ
プチネタは時々脱線します。

カテゴリ

FF飛行機 (162)
パチンコ飛行機 (22)
ジャンボ紙飛行機 (83)
製作 (106)
FF飛行機尾翼 (19)
機体 (61)
冶具・道具 (28)
独り言 (119)
やまがた (83)
仕事 (7)
菜園 (6)
東日本大震災 (48)
福島原発大人災 (22)
プリウスα (18)
バイクのこと (17)
かごの鳥 (16)
未分類 (1)

カレンダー+アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2013年02月 | 03月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -


検索フォーム

最新記事

最新コメント

いらっしゃいませ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。