フリーフライト紙飛行機 「猿」+

山形からここに引越ししてきました。 時々、模型飛行機や戯言を飛ばしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パシフィックビーチホテル2954室

渡航経験はありますが英語圏に出張るのは初めて。
エイゴが苦手で松木先生の授業はサボり続けていた落ちこぼれがハワイに行ってきました。

オアフ島ワイキキビーチの老舗?ホテル。
パシフィックビーチホテル2954室、団体旅行なんで部屋のみのコメントです。
  
ベランダからは 海が見えます。
 鳩が遊びに来ます。
洗濯物を干すなの注意書き(日本語)。当然干してしまいました。

まずは結論。宿代に金をかけたくないけどロケーションはそれなりにならチョイス
ワイキキホテル街の東の端っこに位置し、そのまま東に歩くと動物園や公園となる。
買い物の中心街からは若干遠いが、ビーチは目の前。
喫煙室を希望していたので部屋には灰皿があった。ハワイでこれは重要みたいだ!
喫煙室はホテル部屋数の2割と決められているようだが、ここはゆるいみたい。

チェックインのとき ツアーからホテルロゴ入りの水ボトルとビーチサンダルが支給された。
海から遠いほうにある団体向け?の高層棟は1Fエレベーターの近くに給水所がある。
水道の生水も飲んだがまったく問題なし。
換気扇は常時作動で時差ぼけの寝付けない夜は音が気になる。
日本のビジネスホテル(以下BHと書く)ではバスルームの照明を消すと止まる。
 時代を感じさせるドアノブと水道の蛇口。
 浴室周り。

部屋は修復されて居心地はなかなか。注意書きも日本語併記で??はない。
ハワイでは涼しいことがサービスと勘違いしてるらしく入室したときは寒いくらいだった。
エアコンは止めっぱなしですごした。ベランダの出入り口全開のほうがきもちいい
日本のBHに常備されている備品ではウォシュレット髭剃り、スリッパがないだけ。
日本茶とコーヒーも準備されている。
さすがにワイキキ、バスタオルとは別にビーチタオルの用意もある。
到着したらその足でビーチ直行可能!
シャンプーやトリートメントも備えられているが、歯ブラシは貧弱でいただけない。

アイロン    ドライヤー    テレビ    金庫    冷蔵庫(sanyo)  コーヒーメーカー

電化製品はコンセントも同じでそのまま使えるから携帯充電などは問題なし。
ただし120Vなので長時間使う場合や高価なものは注意。

これらが日本から持ち込んだもの
お茶セット常備薬歯ブラシ歯磨き髭剃り洗濯用粉石けん洗濯バサミ スリッパ(機内で貰った)

高層棟のプール(貧弱で見ると笑いが出る)フロアにはコイン式の洗濯機がある。
使ってはみなかったが、人気のないところなので注意。
持っていった肌着は2セット、浴室乾し+ベランダ乾しでOKでした。


貴重な体験をしました。
ボヤ騒ぎがありました
修学旅行で泊まっていた高校生の火災警報器誤操作と説明がありました。
やんちゃ坊主の煙草火の不始末(ぼや)のようですが不問にしましょう。
スピーカーが何度か吠えましたがアナウンスはありませんでした。
通常でもいらいらするほど待たされるエレベーターなので
非常階段を使って1Fまで降りた宿泊客も大勢いたようです。
窓から覘くと下の道路に宿泊客がとぐろ巻いていました。
このあたりは自己防衛しかありません。

前日には体調不良の客がいたのか夜中に救急車が来ていました。
一緒に消防自動車、それもはしご車がサポートで同行です。
救急車のスタッフが合図を送って先に返します。
連日の出動お疲れ様です。

 日本人にはなじみの薄いチップ。ルームサービスへ枕元に1ドル。

ちなみに出国するとき5,000円を小額紙幣でドルに換金。
主にチップ用です。コインは日本に持ち帰っても換金出来ません。
手持ちのドルは帰国前に空港で全部使い切ってきました。
ワイキキに限っていえば500mごとにABCストアーがあります。
お土産物屋+コンビニでお弁当からビール、サニタリーまでまかなえます。
水着は売っていましたが下着は見かけませんでした。
店ごとに品揃えが違いますのでばら撒きお土産を探すならこまめに回ることをお勧めします。

買い物は3ドル5ドルでもコンビにでも払いはすべてカードです。
金額を必ず確認してからサインをします。
まともな店構えのショップでアロハを購入した時に、金額間違っていました。
紙幣で買い物をすると5%弱の外税(表示は税抜き)があるので、チャラ銭は必ず付いてきます。
現金で買い物したおつりのコインはレジでばら撒いて、残金をカード払いにしました。
ワイキキではメインカードのJCB、他の地域ではサブカードのVISAを使いました。
スポンサーサイト

飛ばしています


時差ぼけのなか、飛ばしています。

宿のそばに広〜い公園を見つけました。
午後は部活なのか大勢の人が出ていますが、(これは休日)
平日の午前中はガラガラ


海風が出てくる前に出撃のはずが、時差ぼけで寝坊してしまいました。
回収はくたびれますが何とかなります。


  時々シャボン玉を飛ばして上昇気流を探しますが出てきません。

半日遊んできました。


ところでここは喫煙者がしいたげられています。
観光地でのこんな案内板があるのはごくまれ日本語です。

空港の   観光地の  ホテルの  ショッピングセンターの吸殻入れ(喫煙スペース)
法律?で建物から6m離さなければなりません。

ハワイ島の空港ではたった1ヶ所のみ。

 免税店で購入したタバコ、エイゴの注意書きがおどろおどろしい。

シェルコム飛行練習会


今年初めて仙台紙飛行機を飛ばす会の例会?に参加。
まず、会計のITGKさんに年会費を払った。

久しぶりの仙台の面々、伊達衆を先祖に持つ彼らは相変わらず口が悪い。
私がこの会に混ぜてもらった頃の雰囲気と少しも変わらない。
しかし現状は紙飛行機の紙のカケラすらない。バルサ一色。
前回参加した時も
会の名前バルサ機を飛ばす会に変更したらって言った気がする。

宮Gさんが作ったばかりの蔵出しSALバルサを触らせてもらった。
主翼は薄翼でも剛性は十分、キャンバーもしっかりしている。
何より機体全体にゆがみがない。
長年紙で技量を磨いてきた経験が調所に生きている。
この機体が初作のハンドランチだなんて誰も信じないだろう。

旋回が調整できずにコンクリートにぶつけて3度も破壊。
瞬間で補修して何とか上昇旋回の調整が済んだ。


G家さんの機体も飛ばさせてもらった。
これは少しキャンバーが付いていて浮きがよさそうだ。
吟味した軽いバルサの機体、10月に作ったという。

すごい浮きだ。yamame機をお手本にしたという。

ただ気になったのは
ドーム用に特別調整したyamame機みたいな上昇をもくろんでいること
いつものフィールドがドームより狭いんだから
仕方がないことかもしれないが返りの確率が低くて壊すは壊すは
帰りはメンバーの手にゴミ袋いっぱいの残骸が残った。


照明が入って、パチンコ機5投の記録会。

ここで面白いのは面々の機体が自己主張していること。
寸法もデザインもまちまちだ。飛びも・・。
これだけ作りこみ飛ばしこんでいるパチンコだから
ある方向で収束しそうなもんだが
仙台の連中はそうはならない。

例会でよく飛んでた他人の飛行機なんて
その日の内にコピーしてしまう猛者たちなのに
飛ばしてフ〜ンって納得すると後は見向きもしない。

MAXは60じゃないと納得しないし
ドームの中でサーマルに乗ったり
他人のゴムじゃないと記録が出なかったり

じっちゃんたちのバルサパチンコは一味も二味も違う。

バイクの冬篭り


ガソリンコックをOFFにして、キャブからガソリンを抜く。
フロントフォークやスポークにグリスを塗り、バッテリーをはずす。

今年もあまり乗れなかった。
ひと乗り数千円に付いたろう。
春先のバイク入院、任意保険、税金、バイクカバー
そしてガソリン代。      ふ〜う・・。

ジャンボ紙飛行機山形大会

飛ばしてきました。壊してきました。

今日は東海大学ジャンボ紙飛行機大会。
故あって、参加できませんでした。


勝手に地方大会を挙行いたしました。
『ジャンボ紙飛行機山形大会』
参加者1名 ギャラリーは散歩中のおじさんが横目で・・・。
競技ルール:6時競技開始
      手投げジャンボ機であること
      計測は歩測とする
      機体が壊れるか滑空写真が撮れるまで何度でも飛ばせる

気温は2℃、フィールドは霜が降りて真っ白。山形は初霜のはずだ。

参加機が集合して?  まずは記念写真。
左翼根の和紙を張った修理跡が苦労を物語る。  ←物語っていない?

機体調整
 ジャンボ機はリリースの角度が微妙で、水平±数度の範囲でしか良く飛ばない。
 角度をつけて上空に投げ上げては距離が稼げない。
 野球投げ(オーバースロー・オバハン)であれば、
 通常の機体ならば外野手がバックホームするイメージ
 しかし、ジャンボは投手がピッチャーマウンドから投げおろすイメージでほぼ正しい。
 2〜30m先の地面をめがけて投げる感じだ。 
 機体は水平からやや下に向かってリリースされ
 揚力を得て姿勢を保ったまま高度を上げる
 高度が最高に達したところで、定常滑空に入り距離を稼ぐ。

 また、通常の機体を投げるときは、
 右利きなら機体が自然と右にバンクした状態でリリースされる。
 ジャンボは距離競技なので、発航時の機体は水平でなければならない。
 ちょっとの傾きで旋回して距離をロスしてしまう。
 と言いながら、真水平になど投げられないので
 自分の投げ癖を理解して、機体の微調整が必要となってくる。

 さてこの機体、かなり投げ込んで調整の勘所は理解しているつもり。
 水平にやわ投げするときれいに滑空してくれるが
 8分投げだと伸びあがって失速してしまう。
 機首に10gr鉛を足して翼端のねじり下げを少し減らして再トライ。
 定常滑空の伸びはスポイルされたが、こんなもんだろう。
 SALを目指して大きくしていた垂直をかなり切り詰める。
 まだ大きいかもしれない。

競技開始
 計測(歩測)
  ①16歩
  ②28歩 (8分投げ、ここいらがいいみたい
  ③12歩 (投げミスで失速
  ④18歩
  ⑤29歩
  ⑥ 6歩 (地面にたたきつけた
 ここからは携帯を左手に、勇士「ホンテンⅢ」の撮影モードに入る。
 シャッターのタイムラグを掴むまで戸惑うがコツがつかめた。
 
上昇中。このまま旋回せずに直進した。

 
定常滑空に入ったあたり。ズームで写したらボケた

フレームを外したりいろいろあったが
投げ角度を失敗して真上に上昇して落下
  いつものところから破断した。

 修理可能だよ!

これにて
大会は無事?終了した。

未公認記録は1枚目の写真が撮れた時の33歩。正式記録では29歩。
調整を含めて30投はしたはずだ。
いくたびか危険な落ち方をした。頑丈な機体になったなあ。

帰宅して熱いコーヒーを淹れたが、人差し指の指先がジンジンして感覚がない。
いやー寒かった。

 | HOME | 

 

プロフィール

猿まわし

Author:猿まわし
投げ上げたら(投稿したら)後は風まかせ
プチネタは時々脱線します。

カテゴリ

FF飛行機 (162)
パチンコ飛行機 (22)
ジャンボ紙飛行機 (83)
製作 (106)
FF飛行機尾翼 (19)
機体 (61)
冶具・道具 (28)
独り言 (120)
やまがた (83)
仕事 (7)
菜園 (6)
東日本大震災 (48)
福島原発大人災 (22)
プリウスα (18)
バイクのこと (17)
かごの鳥 (16)
未分類 (1)

カレンダー+アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2013年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


検索フォーム

最新記事

最新コメント

いらっしゃいませ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。