フリーフライト紙飛行機 「猿」+

山形からここに引越ししてきました。 時々、模型飛行機や戯言を飛ばしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主翼と尾翼の意味深な関係

今日は○社の株主総会。運転手としてお偉いさんのお供です。
到着したものの私やることありません。○社の事務所にお姉さんと思しき事務員さんと2人、置き去り。
先日亡くなった方の本「乾いた山」を読む度胸もありません(車で待機のつもりで持参はしましたが…。)
○社のPCをお借りしてブログをチェック、その後よんごうまるのデータ入れて腕組みです。

フィールドに持っていく野帳を取り出して(?なんでクラッチバッグに入っているんだ!)データの入力。
刺身だのエビフライだのがてんこ盛りの地元一流料亭の豪華弁当を頂いて休憩。

法則を1つメッケです!
主翼スパンが10mm前後すると尾翼横Y尾翼の開きが3mm動きます。
正確には主翼の上反角が大きくなるにつれ(主翼を横から見た投影面積増える。よって)、垂直尾翼の投影面積が増える。
40grほどの重量では重さはあまり関係ないみたいで、データ整理するときれいな相関です。
先行して作る主翼スパン計測で横Y尾翼の開きが大体判明しました。
尾翼切るときには1?レベルで調整しないと切り過ぎになります。こんなに微妙だと思いませんでした。
ひとつ賢くなりました。が、こんな細かい調整になるとは予想外です。
SALってもっとおおらかな大陸的なもんだと勘違いしてましたから…。SALって案外日本人向きかも?

開度による垂直尾翼の面積最小どこに有るかを探るのがこれからの課題です。
5/25追記
垂直尾翼面積が理想の大きさより1cm2(開き2mm)大きくなると、真直ぐ上昇、くるっと左、私のイメージの返りになる。
相談役いわく、室内向きのリスクの高い返し方で止めたほうがよい。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://agatuke.blog.fc2.com/tb.php/115-d90af246

 | HOME | 

 

プロフィール

猿まわし

Author:猿まわし
投げ上げたら(投稿したら)後は風まかせ
プチネタは時々脱線します。

カテゴリ

FF飛行機 (162)
パチンコ飛行機 (22)
ジャンボ紙飛行機 (83)
製作 (106)
FF飛行機尾翼 (19)
機体 (61)
冶具・道具 (28)
独り言 (120)
やまがた (83)
仕事 (7)
菜園 (6)
東日本大震災 (48)
福島原発大人災 (22)
プリウスα (18)
バイクのこと (17)
かごの鳥 (16)
未分類 (1)

カレンダー+アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


検索フォーム

最新記事

最新コメント

いらっしゃいませ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。