フリーフライト紙飛行機 「猿」+

山形からここに引越ししてきました。 時々、模型飛行機や戯言を飛ばしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クールチューブはクールな環境では・・・

このところ、バルサの大中小。頂き物しか飛ばしていません。
それもかなりサボリ気味の野仕事(ランチ)
バルサ機にはすべてクールチューブ(滑空時間調整器:デサマー)がついています。
ポッキーほどの太さで長さ3cmくらい、0.5grです。
引っ掛けた輪ゴムの力で鞘管に挿入された管を回して、
セットしてから一定の時間が来ると外れ、釣り糸をつけた鉛が機体尾翼近くにブランとぶら下がります。
機体は重心が狂ってヘナヘナ降下してきます。

滑空時間調整器(デサマー)には、他に線香を使うもの、仕組みは?ですが1円玉くらいの丸いもの。
見たことがあるのはこのくらいです。クールチューブは安全性、重量とっても優れものです。

このクールチューブ、挿入された粘性の高い樹脂の抵抗と輪ゴムの引張強さで設定した時間が決まります。
氷点下の環境ではどんなにゴムをきつく巻いて引っ掛けてもなかなか回ってくれません。
調整ミスして、セットしたまんまの状況で回収のときもあります。
幸運にも上昇気流に遭遇してませんので冷や汗かかずにすんでいますが、
これからの時期、快晴の飛行機日和に飛ばす際は気を使います。
あぶって樹脂の粘性を柔らかくしたりのノウハウはあるのでしょうが・・・?です
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://agatuke.blog.fc2.com/tb.php/12-5b4916e5

 | HOME | 

 

プロフィール

猿まわし

Author:猿まわし
投げ上げたら(投稿したら)後は風まかせ
プチネタは時々脱線します。

カテゴリ

FF飛行機 (162)
パチンコ飛行機 (22)
ジャンボ紙飛行機 (83)
製作 (106)
FF飛行機尾翼 (19)
機体 (61)
冶具・道具 (28)
独り言 (120)
やまがた (83)
仕事 (7)
菜園 (6)
東日本大震災 (48)
福島原発大人災 (22)
プリウスα (18)
バイクのこと (17)
かごの鳥 (16)
未分類 (1)

カレンダー+アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


検索フォーム

最新記事

最新コメント

いらっしゃいませ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。