フリーフライト紙飛行機 「猿」+

山形からここに引越ししてきました。 時々、模型飛行機や戯言を飛ばしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旋回の調整

上昇が確定した機体は、それなりの旋回となります。
滑空にロスのないフラットで大きな右旋回になれば合格なのですが、
主翼左右の重量バランスや、キャンバー不均等、胴曲がり、紙のゆがみによるラダーやスタビツイストで
各機個性があり調整が必要となります。SALは簡単にスパイラルになるので、この対策が中心です。

軽い水平投げでピッチングを調整して右旋回にラダーを軽く打ちます。
5mほどのSALひょい投げで、
ループ上昇をダウンで調整、左に逃げるように垂直尾翼を遠慮がちに切り込みます。
8割がたの投げで、ピッチングを残しながら上昇を中心に調整し、フル投げの最終調整に入ります。

上昇はほぼこの段階で確定しますが、これから旋回の調整です。
旋回調整の定番はラダーと主翼エルロンですが、ラダーは上昇が狂うので触れません。
あとは主翼調整しか方法がないのですが、私は極力主翼はいじりたくありません。
上昇が決まったよんごうまる機体はこれまでの経験によると、
強いエレベータのダウン+横Yの上半分は取り付け部分を軽く右にラダーを切り、下半分はフラット。
水平尾翼成分で考えると、<の右半分はほんの軽いダウン、水平な左半分は強烈なダウンです。
水平尾翼翼端はフラットになるよう注意しますが、ダウンの影響で胴から離れた部分も下側に曲がります。
この状態は左ねじり上げのスタビツイストが付いているのだと理解しています。
このツイストがスパイラル対策になっているような気がします。(気がするだけです)
Y尾翼の頃は左旋回のスタビチルトでセットし、スパイラルと相殺していましたが
横Yではチルトは気にしていません。
Y尾翼では左右水平尾翼のダウン量を変えたり、ツイストを入れて旋回を調整していました。
それでもダメなら最後にエルロンを触ります。
横Yはツイストではダメで、(すでに付いているので)主翼をいじるしかないようです。
今の所、主翼左にねじり下げを入れていますが滑空を悪くする為、調整方法としては邪道で、
エルロンで調整するのが正解みたいです。
バルサ機はふわふわ飛ぶので水平尾翼のチルトやツイストはあんまり効果ないようですが
紙だとかなり効きます。
着地で狂ったりピーキーなんで主翼触るより神経使いますが・・。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://agatuke.blog.fc2.com/tb.php/127-37a3ef1a

 | HOME | 

 

プロフィール

猿まわし

Author:猿まわし
投げ上げたら(投稿したら)後は風まかせ
プチネタは時々脱線します。

カテゴリ

FF飛行機 (162)
パチンコ飛行機 (22)
ジャンボ紙飛行機 (83)
製作 (106)
FF飛行機尾翼 (19)
機体 (61)
冶具・道具 (28)
独り言 (120)
やまがた (83)
仕事 (7)
菜園 (6)
東日本大震災 (48)
福島原発大人災 (22)
プリウスα (18)
バイクのこと (17)
かごの鳥 (16)
未分類 (1)

カレンダー+アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


検索フォーム

最新記事

最新コメント

いらっしゃいませ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。