フリーフライト紙飛行機 「猿」+

山形からここに引越ししてきました。 時々、模型飛行機や戯言を飛ばしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1.7mmの垂直尾翼


S=145cm2の新作した垂直尾翼、重しを乗せて1週間以上じんわり水分が飛ぶまで養生したものです。
もうカチカチ。今朝、まず周囲の余計な部分をカット、両面のレザックにペーパー掛けしました。
重量計量8.7gr、お粉が出る作業15分で2.3grの軽量化。厚さは1.7mm平均で上出来です。
レザック1枚が2.6grですから両面でレザックの半分を削り込んだ計算になります。
上がりで6.4gr。これから塗装や端部の処理がありますので+2grでは収まらない計算です。
主翼位置を300mmに後退させると、この面積で胴端オフセット50mmでも垂直尾翼容積比は0.08以下。
垂直面積は直進性を確保するため大きいほうが良いに決まっていますが、
yamameアドバイスの0.1確保は感覚的にもデザイン的にも受け入れがたい値!
さてそれならどのあたりが正解だと問い詰められると、かなり?のところがありますので
飛ばした感覚で好き勝手に「こうだ」と言うしかありません。

ペーパーかけの下処理にもコツがあります。レザックの両面をシーラーで下処理するとサンディングが辛くなります。
かといってシーラー無しだと水性接着剤に紙が負けてしまいます。
そこで、ハニカムに接する面だけシーラーします。反対側(表面)はすっぴんなので紙ヤスリがよく効きます。
東急ハンズのカラーケントは、簡単ではないですが紙を2枚にスライスできることをめっけました、要は半分に引き剥がせます。
これを採用すればペーパー掛けはとてつもなく楽になります。(なるハズです。今度やってみますが・・・)

なんかnara-kenさんに乗せられてるのかな・・。
シゴトがまだグチャのまんまで落ち着いて寝られません!紙飛行機が救いです。

物は試しで削れるところまで削りこんでみました。5.5grまで削ってシーラーを掛けました。限界です。
乗っける接着剤を増やして表面張力の作用を期待して深くペーパー掛けるか、今のままでやるか選択は2つあります。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://agatuke.blog.fc2.com/tb.php/272-d580701e

 | HOME | 

 

プロフィール

猿まわし

Author:猿まわし
投げ上げたら(投稿したら)後は風まかせ
プチネタは時々脱線します。

カテゴリ

FF飛行機 (162)
パチンコ飛行機 (22)
ジャンボ紙飛行機 (83)
製作 (106)
FF飛行機尾翼 (19)
機体 (61)
冶具・道具 (28)
独り言 (120)
やまがた (83)
仕事 (7)
菜園 (6)
東日本大震災 (48)
福島原発大人災 (22)
プリウスα (18)
バイクのこと (17)
かごの鳥 (16)
未分類 (1)

カレンダー+アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


検索フォーム

最新記事

最新コメント

いらっしゃいませ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。