フリーフライト紙飛行機 「猿」+

山形からここに引越ししてきました。 時々、模型飛行機や戯言を飛ばしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思惑通り


水平尾翼の上にあるのが東急ハンズで販売していた、カラーケントのサンプル、2枚おろしです。
B4サイズで20gr見当ですから、半分として10gr。コピー用紙2枚ほどの重量になります。
開きのコツは、ハニカム接着側の片面だけ塗装してこのままハニカムに接着し、表面はすっぴんです。
完成してから「剥き」に入ります。紙厚の中央辺りにカッターを入れるとアラ不思議・・・。
開いた面はかなり毛羽立っていますので、軽くペーパーを掛けると面白いように削れます。
「削る」というより「アカスリ」ような感じ、ぼろぼろと剥けて、大嫌いなお粉作業が数分で終了。
ハニカム接着面は塗装が乗った境目から硬度が出てペーパーに耐えてくれますので、ペーパーの限界はよく判ります。
ただし平滑な表面に仕上げるためには、シーラーによる下処理回数が増えます。我ながら綺麗に仕上がりました。
合計で18gr弱です。

最初から薄い紙でやればいいのかもしれませんが、それでは紙に腰が無いので接着剤に負けて綺麗なRが出ません。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Unknown

又、新しい独自技術の開発に成功しましたね!。ハニカムに取り組まれてから今日まで色々な独自技法を確立して来られた事に感動しています。他の人の経験しなかった色々な事にチャレンジし必要性から産まれた技法の数々なのでしょう。技法の確立までには色々悩み、苦しむ事もあった事と思いますがブログを拝見する限り、楽しそうにやっておられる事にも感動します。私もリブ機に取り組んで6年になりますが最近になってやっと光明が見えてきた様に思います。私は「人は今まで経験してきた延長線上でしか思考出来ない」と考えておりますので、紙ハニカムの使用技法の確立は筆者にとっても、後に続く人々にとってもとても重要な事だと思います。今後も続けて追及して行かれる事を期待致しております。以前にも書かれておりましたが40~50m付近に壁が有る事は私も散々経験した事で今も苦しんでいます。機体重量や翼面荷重に関係無く、どんなに工夫しても初速として与えたエネルギーが無くなる為でしょう。その為、重要なのは機体性能と出来る限り遠くで最高高度を取らせる初速。そして調整能力です。今までの、そして今後の経験を活かして壁を打ち破って下さい。

翼面荷重17

ジャンボ紙飛行機を翼面荷重17台にまで軽量化すれば、
視界没は無理にしてもMAX60は可能です、多分?
身長のあるガンダムに投げてもらわないと無理かもしれませんが・・・。
春先の強烈サーマルならば10mくらいの高度に上げられると、後はサーマルに拾ってもらえるかも。

今回の機首取付位置変更は軽量化をあせるあまりの「ズル」かもしれません。
尾翼周りをかなり軽量化できそうなので面積増やすほうが軽量化にいけるかな・・。
機体の基本的性能をスポイルする軽量化であれば修正しなければなりません。
妥協する主翼位置が微妙です!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://agatuke.blog.fc2.com/tb.php/275-377bff88

 | HOME | 

 

プロフィール

猿まわし

Author:猿まわし
投げ上げたら(投稿したら)後は風まかせ
プチネタは時々脱線します。

カテゴリ

FF飛行機 (162)
パチンコ飛行機 (22)
ジャンボ紙飛行機 (83)
製作 (106)
FF飛行機尾翼 (19)
機体 (61)
冶具・道具 (28)
独り言 (120)
やまがた (83)
仕事 (7)
菜園 (6)
東日本大震災 (48)
福島原発大人災 (22)
プリウスα (18)
バイクのこと (17)
かごの鳥 (16)
未分類 (1)

カレンダー+アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


検索フォーム

最新記事

最新コメント

いらっしゃいませ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。