フリーフライト紙飛行機 「猿」+

山形からここに引越ししてきました。 時々、模型飛行機や戯言を飛ばしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーバー1000の新作

奈良に嫁入りしたジャンボ2号機、木製胴に乗って各地で百回以上飛んだ果報者です。
主翼ハニカムの接着面に、かなりのダメージがあるはず、nara−kenさんのメガネにかなった剛性を発揮できたんでしょうか、不安です。
4月にnara-kenさんから頂いたジャンボ機のテストフライトレポートをやっと落ち着いて読み返しています。
何度もレポートいただいて、併せるとA4で10枚ほど、ジャンボ使いのウンチクがギュ〜ッと詰まっています。
ジャンボ2号機をPPsimに落とすと、主翼の翼面荷重が20を切っています。
ただし機体重量が250g以下の設定ですが・・。

nara-kenさんのコメントは、「定常滑空時の揚力不足」、到達高度を狙わずに水平から若干マイナス目にリリースする「地面効果依存型?」、機首重りはグライダーの安定推進の原動力で、機体重量軽量化を狙って主翼取り付け位置の後退は不可「主翼位置はセンターコードの2倍まで」、この機体(主翼)の限界許容リリース速度は「ハニカム剛性の限界から60km/h」位、投げのパワーがなくなった後の「自立安定を確保する設計」をどう考えるか。

追い風に機体が乗って滑空した場合、揚力不足がもろに出るようです。
11月3日の本番がどのような会場セッティングになるのか分かりませんが、
リリースしたパワーが上昇高度に置き換えられ、自立安定の基に定常滑空する機体が出来るとnara-kenさんを軽く超えられそうともくろんでいましたが、
私のコンセプトの機体は獲得高度を求めると定常滑空に移行しにくいピーキーな奴みたいです。

ギャラリーに避難してもらい、SALにて投げ上げ・・・の無謀な夢は捨てましたが
1号主翼+木製胴+バルサ尾翼周りで投げた、たった一度のビッグフライト(2/4ブログ)が忘れられません。
気仙沼からスカイウォーク?の原寸図面をゲット、CADに落としました。
スカイウォークの機体は胴体が寸つまり、主翼スパン1400に対し、胴体は760です。
これまでのエントリー機を拝見すると、主翼スパンの1/3程度の胴体で何とかしようと模索しています。

主翼面積(特に翼根部〜1段目)を増やして主翼後端をストレ−ト、スパンを1200位、
胴体は1m程度、水平尾翼容積比は1.4か、垂直は0.05でいいかも・・・。

新作をPPsimで水平尾翼取り付け角をいじると、フライトシュミレーションでは初速50kmで117m飛びます!!!
この機体の尾翼の取付角を0.1度変化させると50m以下しか飛びません。

おっきいと調整はダルになるとばかり思っていましたが、ジャンボの垂直水平尾翼はかなり調整がシビアーです。
尾翼周りは、着地での変形をどのように修正するか、変形しない素材を使うか、
この辺が同じ投げが出来る機体を作る勘所みたいです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://agatuke.blog.fc2.com/tb.php/308-e3fe65fa

 | HOME | 

 

プロフィール

猿まわし

Author:猿まわし
投げ上げたら(投稿したら)後は風まかせ
プチネタは時々脱線します。

カテゴリ

FF飛行機 (162)
パチンコ飛行機 (22)
ジャンボ紙飛行機 (83)
製作 (106)
FF飛行機尾翼 (19)
機体 (61)
冶具・道具 (28)
独り言 (120)
やまがた (83)
仕事 (7)
菜園 (6)
東日本大震災 (48)
福島原発大人災 (22)
プリウスα (18)
バイクのこと (17)
かごの鳥 (16)
未分類 (1)

カレンダー+アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


検索フォーム

最新記事

最新コメント

いらっしゃいませ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。