フリーフライト紙飛行機 「猿」+

山形からここに引越ししてきました。 時々、模型飛行機や戯言を飛ばしています。

直線距離60kmはまだ震災直後

福島の原発事故から直線距離60kmの宮城県最南端、山元町に出向きました。
仙台南部道路から仙台東道路、ここは震災後に何度も走っています。
津波を堰き止めた東道路の東側と西側は天国と地獄です。
常磐自動車道を南下、亘理(わたり)で国道6号に降りました。
常磐道の西側では悲惨な光景が連続、一反歩に数台の割合で車が突き刺さっています。
仙台東道路周辺は処理もかなり進み自衛隊もまばらな地区でしたが、山元地区は違います。
国道から海側は地元の消防団が通行規制しています。その奥は自衛隊の活動場所です。
遺体の捜査で報道すら入り込めない地域。
道路から見える瓦礫や倒壊寸前の家屋には、捜索済の旗が立っており、後片付けの重機が活動を始めています。
目的地に向かうときに見た被災者のための仮設住宅2棟、実は遺体の収容施設だったようです。
帰り道、トラックに棺を積むのでしょうか荷台に白い布を敷き自衛隊の皆さんが整列しているところでした。

震災から1ヶ月がたったはずなのに…。
瓦礫の下で仏様がまだ捜索もされずに探し出されるのを待っています。
捜索が遅れているのは原発事故のせいでしょうか
神戸から来てくれた消防隊や自衛隊が大勢駐屯して捜索や復旧に尽力いただいています。

写真   とても撮れませんでした…    
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Unknown

余震が続き今だ大変な状況の中、ブログの更新も大変かと思いますが、毎日覗いて、更新されていると「元気そうだ!」と思ってほっとしてしまいます。自分自身は微々たる義捐金位しか出来ていませんが、紙飛行機屋として何か元気を出して頂ける事がないか模索しています。
猿回しさんも、梟親方も全国の仲間が見守っています。今もこれからも。

災害支援県 山形

青森から千葉まで東日本の太平洋側はこの度の震災で大打撃です。
直接被害のない山形は災害支援県としてどんな手助けができるか
とても大切な役割を担います。
閑古鳥が鳴いていた山形空港は津波でやられた仙台空港の代打として大活躍。
新幹線に完敗してシュンとしていた関係者は鼻高々です。
朝の山形道は県内に宿泊して宮城県に向かう支援の車が列をなします。
電気工事、ガス工事、ダンプ、種々様々。いろんな思いを込めて出撃してゆきます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://agatuke.blog.fc2.com/tb.php/400-3894f4e1

 | HOME | 

 

プロフィール

猿まわし

Author:猿まわし
投げ上げたら(投稿したら)後は風まかせ
プチネタは時々脱線します。

カテゴリ

FF飛行機 (162)
パチンコ飛行機 (22)
ジャンボ紙飛行機 (83)
製作 (106)
FF飛行機尾翼 (19)
機体 (61)
冶具・道具 (28)
独り言 (120)
やまがた (83)
仕事 (7)
菜園 (6)
東日本大震災 (48)
福島原発大人災 (22)
プリウスα (18)
バイクのこと (17)
かごの鳥 (16)
未分類 (1)

カレンダー+アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


検索フォーム

最新記事

最新コメント

いらっしゃいませ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん