フリーフライト紙飛行機 「猿」+

山形からここに引越ししてきました。 時々、模型飛行機や戯言を飛ばしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紙飛行機の製作・切り出しまで


素材はインターネット上に公開された(現在は閉鎖)図面、J142Ma
はがき程度の厚さのケント紙(180kg)にプリントします。
家庭用のプリンターインクは顔料(水に溶ける)系なので
すっかり乾いたところで軽くラッカーをスプレーすると落ち着きます。
私はすっぴんのままで作業を進めます。


はさみとカッターナイフ、カッターマット(ボール紙)に定規、折り目を入れるためのキリ。
まずは折り目のすべてにキリで折れ線をけがきます。
カッターは鋭角30°の小型、
薄刃がいいとか好みがありますが私はずっとこれです。
カッターは紙と直角ですがパーツによっては斜めに当てたりします。
2度カッターを入れて切り離すくらいの力の入れ加減でスーッスーッと切ります。
定規の当て方の基本は残す部分を定規で隠くすようにします。
パーツごと切り離すのではなく、同じ方向の切り取り線にカッターを入れていきます。
直線を切り終えたら曲線部分をはさみで切り取ります。
台紙から切り離すのは最後の最後。

この次が地味ですが大切な作業「バリ取り」です。
パーツをひっくり返して切り口を触ってみてください。切り口が盛り上がっています。
これに紙やすりをあてて、バリ取りをします。
カッターにこだわるのはこのバリを嫌がるからですが私はこの作業を入れてバリを気にしません。
問題は表側、全面赤の印刷が乗っていますので削れません。
キリの柄などを使ってバリを消します。主翼の前縁などは意識的にする場合があります。
カッターを斜めに当てたりするのもこのバリ対策の為です。

ここまで30分、定規を押さえる左手がプルプルしてきます。

切り離したパーツをシリカゲルの入ったタッパーに入れて紙の水分を取ります。
紙の乾燥はとても大事な作業で、これを怠って塗装を進めると完成後に狂いが出ます。
塗装前の作業は湿度50%以下を心がけています。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

Unknown

およ・・
同じはさみ使ってますよ。。
左利き用と右利き用と両刀使いです。。
ここのはさみは研ぎに出せるのもうれしいですね。。

なら~~

実は・・・

sylphidっていうブログに乗ってた鋏です。
道理で同じはずですね!
検索して通販で求めました。
これまで、ずーっとはずれの鋏ばかりでした。
こいつの切れ味には満足しています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://agatuke.blog.fc2.com/tb.php/467-ad882a0c

 | HOME | 

 

プロフィール

猿まわし

Author:猿まわし
投げ上げたら(投稿したら)後は風まかせ
プチネタは時々脱線します。

カテゴリ

FF飛行機 (162)
パチンコ飛行機 (22)
ジャンボ紙飛行機 (83)
製作 (106)
FF飛行機尾翼 (19)
機体 (61)
冶具・道具 (28)
独り言 (120)
やまがた (83)
仕事 (7)
菜園 (6)
東日本大震災 (48)
福島原発大人災 (22)
プリウスα (18)
バイクのこと (17)
かごの鳥 (16)
未分類 (1)

カレンダー+アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


検索フォーム

最新記事

最新コメント

いらっしゃいませ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。