フリーフライト紙飛行機 「猿」+

山形からここに引越ししてきました。 時々、模型飛行機や戯言を飛ばしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内部被ばくの混乱

震災の後に
放射線にかかわる講習会に出る機会が度々ありました。進んで参加しました。
震災直後の
大本営発表のデータがそもそも信用できない。
測定器が無い、あっても測定方法がよく判らない。
測定結果をどう評価すればいいか、器具の信憑性が不明!

支離滅裂のこんな状態がずいぶん続きましたが、現状は少し改善したようです。
正確な情報を開示する。      遅ればせながら整備が進んでいます。
その結果をどう受け止めるか。   今後の課題です。

NHKのクローズアップ現代で
内部被ばく(やばい物質を食べる)について消費者と生産者の主張がありました。

食物を摂取することによる内部被ばくと、環境から放射線を受ける外部被ばくでは同じ被曝でも意味が違います。
外部被ばくは避けることができる。とても簡単で「危険な所から離れればよい!」
内部被ばくは自分でガードしない限り、特にリスクが高い子供たちに将来禍根を残します。
悪いものがあるより無いほうがいいに決まっています。
大雑把な検査の「未検出」より一桁下の数値があったほうが安心できます。

だけれども汚染された土地に生きる人たちは現状にしがみつくしかないのです。
父親だけ汚染の残るフクシマに残り、子どもと母親が山形に避難している。
こんな離れ離れの避難生活を送る家族が回りに大勢住んでいます。

お母さん方の心配を過剰反応と批判するわけではありません。
生産者や販売者の苦悩や試行錯誤、何も言えません。
フクシマが福島になった時に一緒に住めるのですが、果たして何時でしょうか?
人間が作り出した放射線がこの世から抹消されるまでの永遠の宿題なのかもしれません。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://agatuke.blog.fc2.com/tb.php/474-56a30f44

 | HOME | 

 

プロフィール

猿まわし

Author:猿まわし
投げ上げたら(投稿したら)後は風まかせ
プチネタは時々脱線します。

カテゴリ

FF飛行機 (162)
パチンコ飛行機 (22)
ジャンボ紙飛行機 (83)
製作 (106)
FF飛行機尾翼 (19)
機体 (61)
冶具・道具 (28)
独り言 (120)
やまがた (83)
仕事 (7)
菜園 (6)
東日本大震災 (48)
福島原発大人災 (22)
プリウスα (18)
バイクのこと (17)
かごの鳥 (16)
未分類 (1)

カレンダー+アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


検索フォーム

最新記事

最新コメント

いらっしゃいませ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。