フリーフライト紙飛行機 「猿」+

山形からここに引越ししてきました。 時々、模型飛行機や戯言を飛ばしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アップはダウン

  1年前に種をまいたネギを収穫。畑に栄養がまったく無い。



無尾翼2機目は ケナフケント180kg、10.6gr
展開翼面積 147cm2
スパン  260
2本ゴムのフル引きではフラッターを招くので七分まで。

調整のコツも少しずつ理解。
キャンバーを付けようと翼の後にダウンを入れると
この部分はなんと水平尾翼の後端にダウンを入れたことになって突っ込む。
翼前縁を下げても突っ込む。
何をやっても 突っ込む突っ込む。
翼端のねじり上げでカウンターを当てる。

上昇の調整は胴体に近い翼後端の上げ下げと翼端のねじり上げ。
無尾翼機は大まかに重心調整し、上昇を決めてから滑空の調整がいいみたいだ。
滑空の調整は翼端のねじり上げと
テールモーメントが極端に短いので微妙な重心の決定。

要は紙飛行機調整の基本を守ること     と見つけたり!






無尾翼機をSAL投げする。



オーバー1000に拡大した紙無尾翼機にする。

コアはハニカム、上反角付けて滑空を安定させる。
嫌いな胴体を作らなくてもいいのが最大の「売り」


たぶんどっかで挫折するとは思うけど……。




関連記事
スポンサーサイト

コメント

かっこいいけど。。

無尾翼機、かっこいいけどセッティングシビアですよね。。
無尾翼機(全翼機)は通常の紙飛行機とは違って、空力中心より前重心にして翼は翼端部に尾翼の機能を持たせるためマイナスキャンバーをつけたプランク翼にするのが基本かなと思います。。特に機体が大きくなるとごまかし利かなくなりますもんね。。後は飛ばしながら微妙な重心と翼端後縁部のねじり上げの調整でしょうか・・・
なんて、解ったようなこと言っていますが・・・ヘヘヘh

まずは

やりたいことはいっぱいあるのですが
まずは
無尾翼機の調整方法を習得して
機体剛性を上げて再現性のある飛びを目指す。

胴体で悩まんで良い  
よこしまな動機で始めた無尾翼機
果たしてどこまで前進しますか、不安いっぱいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://agatuke.blog.fc2.com/tb.php/508-ea109ea9

 | HOME | 

 

プロフィール

猿まわし

Author:猿まわし
投げ上げたら(投稿したら)後は風まかせ
プチネタは時々脱線します。

カテゴリ

FF飛行機 (162)
パチンコ飛行機 (22)
ジャンボ紙飛行機 (83)
製作 (106)
FF飛行機尾翼 (19)
機体 (61)
冶具・道具 (28)
独り言 (120)
やまがた (83)
仕事 (7)
菜園 (6)
東日本大震災 (48)
福島原発大人災 (22)
プリウスα (18)
バイクのこと (17)
かごの鳥 (16)
未分類 (1)

カレンダー+アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


検索フォーム

最新記事

最新コメント

いらっしゃいませ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。