フリーフライト紙飛行機 「猿」+

山形からここに引越ししてきました。 時々、模型飛行機や戯言を飛ばしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

590の情報収集と下ごしらえ

二宮杯に参加して590を飛ばした経験者に勘所を取材しました。

胴体バルサは紙の貼ってあるエンドの尾翼近くでよく折れる。
水平尾翼はぺらぺらだけどHの補強で何とかなる。
垂直尾翼が小さいのでランチで苦労する。もうちょい面積あればいいのに。
主翼の折曲げ部分にセメC置くことにより収縮が出て上反角が狂う。
主翼2段目は1段目のキャンバーに拘束されてそれなりのキャンバーになってしまう。
紙剛性はかなり足りない。このサイズでは裏打ちがあっても苦しい。
ゴムパッチンで設計し、サイズ拡大して製品化したと想像する。
ピッチング安定性は良い。
主翼2段目の短冊部分をこの長さにした理由が知りたい。(半分の長さで十分)

こんな感想が集まりました。
またいろんな方がこだわり親父の飛行機製作方法をUPしておられます。

590を私なりのルール解釈と疑問点を交えながら作ってみます。

シリカゲルで養生中のすっぴんパーツのうち
1.主翼1段目 2.水平尾翼
剛性アップ(ねじれ防止)のための下塗りです。

各パーツの歪みをしごいて修正した後
1:3くらいに薄めたサンディングシーラーをたっぷり乗せます。
主翼1段目はキャンバーのついた冶具に固定、水平はかまぼこ板で押さえます。

1日養生した後、パーツのバリ取りをします。
紙の中ほどから端部を指でなぞり、引っ掛かりがなくなるように粗めのペーパーを当てます。
主翼1段目の表と水平尾翼の裏打ちだけ再度下塗りし固定しました。

バルサ胴はそのままタイトボンド?を塗って圧着します。
量は接着面からはみ出すくらい、そのため冶具でぎりぎりと締め上げます。
一晩で開放しそりが出ないように養生しながら水分が飛ぶまで放置。

さて、
鉛の位置です。
黒枠が所定のアナポコです。
鉛を黒丸に置くか緑丸に置くか、それとも赤丸にセットするか。

重心からの距離、赤は120mm、黒は94mm。尾翼廻りの重さとバランスさせるためには
鉛を赤に置くと機体が軽く仕上がります。
黒はメリット無いか?
機首を短くすることによる乱流抵抗が上がるかもしれません。

赤は許される改造と解釈しました。鉛は赤に入れることにします。


胴体の強化です。
着色は胴体補強の当て紙がつく部分と水平が乗るところ。
折れそうなのは、当て紙の終わったところと垂直が乗る前縁。
この部分だけにラッカーを2度塗りします。機首にも塗りましょう。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://agatuke.blog.fc2.com/tb.php/544-47e82729

 | HOME | 

 

プロフィール

猿まわし

Author:猿まわし
投げ上げたら(投稿したら)後は風まかせ
プチネタは時々脱線します。

カテゴリ

FF飛行機 (162)
パチンコ飛行機 (22)
ジャンボ紙飛行機 (83)
製作 (106)
FF飛行機尾翼 (19)
機体 (61)
冶具・道具 (28)
独り言 (120)
やまがた (83)
仕事 (7)
菜園 (6)
東日本大震災 (48)
福島原発大人災 (22)
プリウスα (18)
バイクのこと (17)
かごの鳥 (16)
未分類 (1)

カレンダー+アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


検索フォーム

最新記事

最新コメント

いらっしゃいませ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。