フリーフライト紙飛行機 「猿」+

山形からここに引越ししてきました。 時々、模型飛行機や戯言を飛ばしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AとBをくっつける

紙と紙を接着する。
簡単そうですがかなり奥が深い作業です。

590の尾翼と胴体がほぼ出来上がりました。
作るぞ宣言からもう3週間です。
かまぼこ板にセットした尾翼は薄めたサンディングシーラーを塗り、3Mの赤で余計な塗料を落とします。
H型の補強材、垂直も同様に
中央の線が消えない程度でラッカー成分のテカリがなくなるまでペーパーして塗り重ねます。
塗料を乗っけたときに紙が黒っぽくなる(シンナーを吸っている)のが止まったらOK

接着です。
H型補強の接着にはスコッチを選択、パテベラを使って薄く塗り一度張りあわせてからはがし、再度接着。
冶具でぎりぎりと締め付けます。
この接着をセメCなどのセルロース系でやると、いじっている最中に『パキッ』剥離を起こします。


垂直はマスキングで養生してやはりスコッチ、パテベラで両面に薄く塗り、これも圧着です。
ここでズルが2つ
H補強がずれています。垂直を目いっぱい上側にずらしています。
三角定規で垂直を修正です。
はみ出した接着剤を生渇きで除去。

胴体はほぼすっぴんのままセメCをたっぷり目に乗せて、    圧着

仕上げにペーパーして今度はごく薄くラッカーを塗ります。
3M赤は目が粗く紙の表面に傷があるので、この養生です。



とりあえず2.0grと6.0grに収まりました。
3つ目のズル。
ダウンが入るはずの水平の後ろ側に5mmほどスリットを入れました。胴体のお尻も斜めにカットです。

最終で3Mの青でざらつきを取ってごく薄くラッカーを塗り、3M緑で仕上げます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://agatuke.blog.fc2.com/tb.php/547-b0c5212d

 | HOME | 

 

プロフィール

猿まわし

Author:猿まわし
投げ上げたら(投稿したら)後は風まかせ
プチネタは時々脱線します。

カテゴリ

FF飛行機 (162)
パチンコ飛行機 (22)
ジャンボ紙飛行機 (83)
製作 (106)
FF飛行機尾翼 (19)
機体 (61)
冶具・道具 (28)
独り言 (120)
やまがた (83)
仕事 (7)
菜園 (6)
東日本大震災 (48)
福島原発大人災 (22)
プリウスα (18)
バイクのこと (17)
かごの鳥 (16)
未分類 (1)

カレンダー+アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


検索フォーム

最新記事

最新コメント

いらっしゃいませ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。