フリーフライト紙飛行機 「猿」+

山形からここに引越ししてきました。 時々、模型飛行機や戯言を飛ばしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャーシューを食す

飛行機で一番美味しい主翼製作です。
590主翼は末端まで貼り合わせなので、紙剛性に気を使うことはありません。
左右の狂い(キャンバー、上反角、ねじり上げ下げ)に注意をします。


1段目は貼り合わせを終えてよんごうまるの翼型冶具に固定しています。
紙の下ごしらえをして溶剤が飛ばないうちにセメCを全面に乗せます。
端部はスコッチで一回りさせて『パキッ』剥離防止します。
貼りあわせたら翼根に向かってひたすらしごいて余計な接着剤をはみ出させます。
私は丸棒でしごいています。
接着面がぬるぬるしてずれたりしますが修正しながらの作業です。
翼型冶具に固定して硬化を待ちます。

さて

キット付属のガイドに合わせてみました。
ガイドは全面的にRがついています。ハイポイントは後目

チェックしてみると
ハイポイントの高さは1.5mm、位置は35%あたりか。
翼根の翼弦が65mmですので単純計算でキャンバー?2.3%。
紙厚が0.5mmあるのでこれを考慮してもかなり小さいキャンバーです。
隙間に入る冶具を作ると

迷います。こんなに薄くて手投げで揚力確保できるのか?

翼根のハイポイント高さを2mm(厚さで2.5mm)にします。位置は前縁から20%
後半はRを付けずにストレートにしましょう。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://agatuke.blog.fc2.com/tb.php/548-3e9b3791

 | HOME | 

 

プロフィール

猿まわし

Author:猿まわし
投げ上げたら(投稿したら)後は風まかせ
プチネタは時々脱線します。

カテゴリ

FF飛行機 (162)
パチンコ飛行機 (22)
ジャンボ紙飛行機 (83)
製作 (106)
FF飛行機尾翼 (19)
機体 (61)
冶具・道具 (28)
独り言 (120)
やまがた (83)
仕事 (7)
菜園 (6)
東日本大震災 (48)
福島原発大人災 (22)
プリウスα (18)
バイクのこと (17)
かごの鳥 (16)
未分類 (1)

カレンダー+アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


検索フォーム

最新記事

最新コメント

いらっしゃいませ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。