フリーフライト紙飛行機 「猿」+

山形からここに引越ししてきました。 時々、模型飛行機や戯言を飛ばしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍 心臓の大見得

アンダー コントロールッ!
IOCの総会で野田まわった。

自民党演出が上手だよね、フクシマの現場を見に行った。
アンダーコントロールを確認したっ

何で水槽から水が漏れたのかやっとガッテンした。
施工が悪い。

円筒形の鉄の水槽を組み立てる場合、
各パーツにつばをつけて、ボルトナットで締め付ける。
各パーツの製造は単純なもので、
どこの町工場でも出来る普通の技術。
ボルトナット、JIS品で問題なし。

ここで重要なのが パッキン。
つばとつばの間にパッキンを置き、ボルトを通す。
パッキンの材質は、真っ黒いゴムみたいなもの。
こいつ面白い性質があり、水分があると膨張する。
つまり、つばとつばの隙間を充填できる。

何で水槽から汚染水が漏れたの?

ナットを締め付けるときの、トルク管理がなかった。

原発の周りにたくさんの水槽を作る。
設計者の頭に最初に浮かんだのは
基礎を固められない場所に水槽を置くのだから
重量で傾いたりするので、そんなに大きいのはだめだな。

重量から直径と高さが決まった。
配管の取り廻しが決まった。
配置図も出来た。

パーツを発注した。出来た。運んだ。工事が始まった。

ここに問題があった。
この手の作業をするのは鳶さん、
クレーンで吊り上げられたパーツを所定の場所に下ろして、
ボルトを通してナットを仮締めする。
通りを確認して本締め。

腰にぶら下げたラチェットを取り出しカリカリと締め上げていく。
このくらいのトルク(腕にかかる抵抗力)でよし。
が、仮締め、
部材があらまし組みあがって、
変なねじれや力がなくなったところで本締め。


長くなってしまった。

素人が組み立てたので、汚染水が漏れた。
作業員の質の問題。
工事を請け負った業者は、こんなの想定外だった。
って言うんだろう。   だよね。
設計者もパーツを作った町工場も元請も
鳶さんが完璧に組んでくれることを前提にしているんだから。

作業員に高価なトルクレンチを支給すべきだったね。
なら水漏れはまだ起きなかったよ。

100万円ケチって禍根を残したね。元請さん東電さん。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://agatuke.blog.fc2.com/tb.php/615-cfdddef1

 | HOME | 

 

プロフィール

猿まわし

Author:猿まわし
投げ上げたら(投稿したら)後は風まかせ
プチネタは時々脱線します。

カテゴリ

FF飛行機 (162)
パチンコ飛行機 (22)
ジャンボ紙飛行機 (83)
製作 (106)
FF飛行機尾翼 (19)
機体 (61)
冶具・道具 (28)
独り言 (120)
やまがた (83)
仕事 (7)
菜園 (6)
東日本大震災 (48)
福島原発大人災 (22)
プリウスα (18)
バイクのこと (17)
かごの鳥 (16)
未分類 (1)

カレンダー+アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


検索フォーム

最新記事

最新コメント

いらっしゃいませ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。