フリーフライト紙飛行機 「猿」+

山形からここに引越ししてきました。 時々、模型飛行機や戯言を飛ばしています。

紙飛行機で遊ぶという行為

機体の調整は我が苦手とするところで
フリーフライトを趣味とする輩の風上にも置けませんが
実は苦手なんです。

一般的に、右利きの人が
ゴム発進や野球投げをする場合
紙飛行機を左旋回の滑空に調整します。
SAL投げの場合は右旋回です。

ゴム発進(パチンコ)はなぜ左旋回なのでしょう。
発射のときの飛行機の傾きが原因です。
そのとき飛行機が右に大きく傾いていませんか。
ゴムを水平に機体も水平にして発進させると
機体は前方上方にループを描きながら上昇していきます。
ゴムを水平にして機体だけどちらかに傾けてみてください。

ゴムの力で上昇した機体が力を失い、滑空を始める時
左回転に調整したほうが
上昇、「返り」、滑空の3つの要素がうまく繋がり、
良く飛ぶ飛行機になるのです。
それには左旋回が大切なのだと思います。
自分の頭の上で旋回すると回収も容易です。

カブなどの紙飛行機キットには
試験飛行時の調整方法が書いてありますが、
ちょっと不親切な気がします。

主翼や尾翼を胴体に正確に接着し、
ゆがみやねじれのない指示通りの主翼キャンバーに調整。
ここまでが第一段階。
ダーツ投げをして、真っ直ぐに遠くまで飛ぶようにする。
そして丘の上から手で飛ばしてしっかり遊ぶ。
ここらが抜けているような気がします。

作りなれてるベテランはわかりきった調整だからここを素通りして
ダーツ投げでしょっぱなから左旋回に調整してしまいます。

紙飛行機教室でカブを初めて作った子ども達は
ゴム発進した機体が5秒間も空中にあれば
まずは飛んだと大喜びしますが、
その前段のケアが一番肝心と思います。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://agatuke.blog.fc2.com/tb.php/678-9970c654

 | HOME | 

 

プロフィール

猿まわし

Author:猿まわし
投げ上げたら(投稿したら)後は風まかせ
プチネタは時々脱線します。

カテゴリ

FF飛行機 (162)
パチンコ飛行機 (22)
ジャンボ紙飛行機 (83)
製作 (106)
FF飛行機尾翼 (19)
機体 (61)
冶具・道具 (28)
独り言 (120)
やまがた (83)
仕事 (7)
菜園 (6)
東日本大震災 (48)
福島原発大人災 (22)
プリウスα (18)
バイクのこと (17)
かごの鳥 (16)
未分類 (1)

カレンダー+アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


検索フォーム

最新記事

最新コメント

いらっしゃいませ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん