フリーフライト紙飛行機 「猿」+

山形からここに引越ししてきました。 時々、模型飛行機や戯言を飛ばしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真っ直ぐ飛ぶということ

フリーフライトの競技は
滞空時間を複数回計って順位を決めます。
手投げでもゴム発進(パチンコ)でも
基本のコンセプトは
1抵抗を減らして上空高く上げる
2瞬時に確実に「返し」て滑空体勢に入れる
3安定した姿勢で旋回滑空をする
重きを置く順番は種目により若干変わりますが
この3つです。
4機体重量を軽くする。
も大きな要素です。

パチンコでは垂直上昇が当たり前になりました。
天空めがけて垂直に発航します。
ゴムの推力が高度に置き換えられ
速度が落ちきった頂点でふわりと体勢を入れ替え
高度のロスなく定常旋回滑空に遷移します。

初期は姿勢を保ったまま落ちてくる程度の
頼りない滑空でしたが
最近はサーマル頼みのプアな滑空では
優勝できなくなりました。
ベテランになるとカブの垂直上昇は当たり前
難物ミスビードルまで垂直に上げてしまいます。
返しの確実性から見るとリスクなのですが
ここは成績とは別の「こだわり」の部分です。

さて
真っ直ぐ飛ぶということは
実機でいうと操縦桿から手足を離した基本の状態。
FFでは定常旋回滑空が調整の基本ですので
ここいらから少しずつ違いが出ます。

真っ直ぐ飛ばすためには
紙飛行機のすべてのパーツ(胴体を含む)から
ゆがみを取らなければなりません。
右旋回のゆがみと左旋回のゆがみが相殺されて
真っ直ぐ飛ぶケースもありますが
その場合滑空性能が落ちて遠くに飛びません。
旋回調整では真っ直ぐ飛ぶ飛行機をゆがめて
旋回の要素を付加します。
実機ではありえない
水平尾翼の取付をかしげたり、ひねったりもします。

ダーツ投げで真っ直ぐ滑空する飛行機をゴム発進しても、
たぶん真っ直ぐ上昇しません。
機体速度が邪魔しに来たのです。
1.2.3の調整は関連はあるものの
別物としたほうが混乱がないと思います。

えらそうに書いている私は
カブの垂直上昇、垂直落下までは調整出来ます。
ベテランから「8割できたね」とアドバイスを貰いますが
何時も後の2割でぐちゃぐちゃになってしまいます。

作りこみと飛ばしこみの不足です。





関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://agatuke.blog.fc2.com/tb.php/680-bcc07eb5

 | HOME | 

 

プロフィール

猿まわし

Author:猿まわし
投げ上げたら(投稿したら)後は風まかせ
プチネタは時々脱線します。

カテゴリ

FF飛行機 (162)
パチンコ飛行機 (22)
ジャンボ紙飛行機 (83)
製作 (106)
FF飛行機尾翼 (19)
機体 (61)
冶具・道具 (28)
独り言 (120)
やまがた (83)
仕事 (7)
菜園 (6)
東日本大震災 (48)
福島原発大人災 (22)
プリウスα (18)
バイクのこと (17)
かごの鳥 (16)
未分類 (1)

カレンダー+アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


検索フォーム

最新記事

最新コメント

いらっしゃいませ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。