FC2ブログ

フリーフライト紙飛行機 「猿」+

山形からここに引越ししてきました。 時々、模型飛行機や戯言を飛ばしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災後4年の山形


いまNHkでは物流の震災直後の物資停滞について特集している。
震災の直後からしばらくの間
荷物はあってもそれをどこに運べばいいのか見当がつかない中
荷を運ぶ側も受け入れる側も右往左往していた現場では当たり前の混乱だった。

ビッグデータを基に次回の災害に備える検証は重要なことだが
運送会社はそのシステムが構築され現場に下りてこない限り
今回とおんなじことをまた繰り返すしかない。
フレキシブルに対応できるシステムなど役所に任せていてはできるはずがない。


日本海側の港湾も
新潟・青森のような重要港湾にしか予算がつかない状況が20年
マリンの建設業者が丘に上がって
酒田港にあった営業所が軒並み閉鎖された

震災でガラリと流れが変わり、
物流の確保が重要と改めて見直された。

災害に備えるインフラとして
東北の背骨を走る2本の一桁国道と2本の高速道路をを軸に
東西に走る横引きの国道を強化整備している。
また
太平洋沿岸が全滅しても日本海側の港がそれを補完するために
震災関連と呼べるか、はなはだ疑問だが
日本海の酒田市にも復興事業の予算が降り注いできた。

大手が散逸した港では地元業者が港湾工事を仕切り、
おととしまではそれなりに仕事があったが昨年は期待を裏切られてしまった。
急激にシゴトが消滅した。

東根市にある山形空港は
震災前、札幌と名古屋(たぶん)の便だけ
それもとんでもない時間帯にしか発着しない時期があって
新幹線との戦いに負けたスーパーローカル空港に成り下がっていたのが
震災の活躍で少し格が上がったようだ。
もう震災前の利用状況に戻っているけど
未曾有の大災害に備えるインフラとしては役に立った。

地域創生の「あべのみっくす」なんて唱えているが
今回のおまじないもたぶん確実に
白河の関は超えない



ん  じゃないかなぁ


竹下さんみたいに地方自治体に億の金をばら撒いても
温泉を掘ったり経費を垂れ流しする箱物作ったり
金塊を買ったり(とても賢い使い方だと寒心するが)

終わってしまいそうだ。




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

 

プロフィール

猿まわし

Author:猿まわし
投げ上げたら(投稿したら)後は風まかせ
プチネタは時々脱線します。

カテゴリ

FF飛行機 (162)
パチンコ飛行機 (22)
ジャンボ紙飛行機 (83)
製作 (106)
FF飛行機尾翼 (19)
機体 (61)
冶具・道具 (28)
独り言 (120)
やまがた (83)
仕事 (7)
菜園 (6)
東日本大震災 (48)
福島原発大人災 (22)
プリウスα (18)
バイクのこと (17)
かごの鳥 (16)
未分類 (1)

カレンダー+アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2018年11月 | 12月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


検索フォーム

最新記事

最新コメント

いらっしゃいませ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。